アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/144 モビルターンエックス

<<   作成日時 : 2007/08/07 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ターンエーのお兄さんだよぉ〜〜〜



画像

画像

今日は『MG タンエーガンダム』の発売日でした。
このblogを読んでくださっている方の中には、既に購入された方、購入を検討されている方もいらっしゃるのでしょうか。
そんな方々に役に立つのか、立たないのか、『ターンX』です。
登場する作品はモチロン、TVシリーズ『∀ガンダム』です。
パイロットは"御大将"『ギム・ギンガナム』こと、宇宙一のガンダムオタクです。

ターンエックスは"ディアナ・カウンター統治下"最強の"伝説的な機体"で、何度も繰り返し補修を受けてきたため、このようなフォルムになりました。
過去において∀ガンダムと交戦するも倒せず、結果、旧文明は滅亡しました。
また、作中においては『ロラン・セアック』の乗る∀ガンダムと相打ちになり、ギム・ギンガナムと共にナノマシンの繭に包まれました。


画像

頭部は丸っこいです。
胸には、過去の∀ガンダムとの戦闘で負った、X字の傷があります。
頭部を残したオールレンジ攻撃は、さすがにできません。


画像

肩は水平にやや足りないながらも、上がります。
胴体側の肩の付根は本体と同じ色にするのですが、色が無いのでシルバーで塗装しました。


画像

肘は90度といったところでしょうか。
左手のみ握り手になります。


画像

腰は360度回転します。
更に前後左右に傾けることができます。


画像

胸部〜腹部〜腰部と可動部が分けられています。


画像

脚部はフロントアーマーが無いため、前によく出ますが、少々脚が長すぎるといったところでしょうか。
足は高さがあり、脛の真ん中までが足のようです。
つま先が可動します。


画像

『背部ウエポンプラットフォーム』が大きいです。
実際、成型色とは違う色になるのですが、そのままにしています。
ビームライフルと、バズーカが収納されています。


画像

ウェポンプラットフォームを外すと、こんなにすっきりします。
腿の裏側など、∀ガンダムとの共通性が感じられます。



画像

装備の1つ、バズーカです。


画像

なにげに、バズーカのデザインも左右非対称になっています。


画像

ビームライフルです。


画像




画像

右手の固定武装は『3連装ビーム投射システム』です。


画像

そして、『溶断破砕マニピュレーター』こと、"シャイニングフィンガー"です。
残念ながら、指は展開しません。


画像




以上、『ターンX』でした。
ターンX自体、使用されている色が少ないため、キットの成型色が少ないながらも、なんの違和感もありません。
キチンと塗装するなら、ウエポンプラットフォームと、肩の付け根と、肘は塗ったほうがいいかもしれません。

ターンエーのシリーズの特徴としては、膨大なスミ入れがありますが、例にもれずターンXのスミ入れも多いです。
でも、『モビルフラット』のときほど辛くないのは、慣れたからなのか、似たようなパーツが無いからなのかと思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおお、ターンXですね!
個人的に、片腕が握り手ではないデザインに魅力を感じますw
ソラ
URL
2007/08/07 20:54
>ソラさん
キットの関係で握り手でないものはありますが、ターンXはデザインからですもんね。
でも、MG化は望み薄でしょうね。
アーサン
2007/08/08 23:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    1/144 モビルターンエックス アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる