アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 ソードカラミティ 初号機

<<   作成日時 : 2007/09/21 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

本体と装備の色が違う。
「だがそれがいい」



画像

画像

『機動戦士ガンダムSEED MSV』に登場するMS『ソードカラミティ』。
3機登場しますが、ソードの改装部分以外の色が元の機体と同じものが『初号機』になります。
パイロットは『レナ・イメリア』。もっともMSVを知らないので、思い入れは無いのですが。

キットは先回の『HG カラミティ』に、ホビージャパンの2004年10月号の付録『ソードカラミティ改造キット』を組み合わせたものになります。
付録には他に『HOW TO BUILD SWORD CALAMITY DVD』というソードカラミティの組み方から、模型製作のすべてが分かるというDVDが付いてきますが、別に見ていません。

ちなみにソードカラミティに合わせた、カラミティのレッドバージョンはキャラホビ2004会場限定になります。

キットの可動は先回と同じなので、各装備について見ていきたいと思います。



画像

両肩の『マイダスメッサー』は取り外し可能。
さすがにビーム刃はありません。


画像

両腕には『パンツァーアイゼン』。
刃は開きっぱなしになります。


画像

両脚には『アーマーシュナイダー』。
カバーが開閉します。


画像

中に入っているアーマーシュナイダーは取り出せません。


画像

しかし、別パーツで2本付属します。


画像

やっぱりアーマーシュナイダーは、こう持たせなくっちゃ。


画像

背中の刀は『シュベルトゲベール』。
ビーム部分は出っ放しです。


画像

接続パーツが、バックパックと刀部分で動かせるため、


画像

抜刀ポーズも可能です。
しかし肩のマイダスメッサーには届きません。


画像




画像

シュベルトゲベール二刀流。


画像

結構、見栄えがいいです。


画像

シュベルトゲベールで牽制しつつ、マイダスメッサーを投げるポーズ。
ビーム刃は出す寸前ってことで。



画像

カラミティでソード+ランチャー風に。
コレで近〜遠距離、すべてに対応。



以上、『ソードカラミティ 初号機』でした。
もともと中古ショップでソードカラミティ改造キットを購入したので、ついででHG カラミティを購入しました。
しかしカラミティのキットの出来がよく、ソードの装備を付けると更にカッコよくなります。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ソードカラミティ、かっこいいですね☆
こういう、「あとからつけました」みたいに本体と装甲で色が違っているのが、試作機っぽくていいですよね〜(^−^)


この改造キット、私も欲しいんですけど、なかなか中古屋を探しても見つからないんですよね(^^;
ソラ
2007/09/21 23:22
そうですね。
本体と色の違う、いかにもな装備ってのがいいんですよね。
F90とかも。

改造キットは、ちょっと前までは大量にあったんですが、いつのまにか、中古屋で見かけなくなっちゃいました。
アーサン
2007/09/23 10:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 ソードカラミティ 初号機 アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる