アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 ガンダムエクシア

<<   作成日時 : 2007/10/11 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

拳銃は最後の武器だ!



画像

画像

TVアニメ『機動戦士ガンダム00』からソレスタルビーイングのMS『ガンダムエクシア』です。
パイロットはガンダムマイスターの『刹那・F・セイエイ』です。
活躍については、作品の今後の展開に期待です。

ガンダムエクシアの特徴としては近接戦闘に特化しており、各部に配備された七本の剣を、作戦に応じて使い分けます。



画像

新しいタイプのガンダム顔です。
襟元の黄色いアンテナは折りたたみ可能です。
肩から胸にかけての部分は、肩関節についており、胸が大きく動きます。
胸のGNドライブを初め、丸い透明なプラ製のレンズ状のパーツを使用しています。

レンズ状のパーツは、ちょうどハードコンタクトレンズを厚く、大きくしたような感じのものです。
製作中に手がすべり、一時行方不明になりました。
レンズの質感と、内部の微妙な色合いを出したかったので、内側に付属のシールを貼り、レンズパーツにはつや消しを行わずにはめました。
シールはサイズが正確でピッタリ貼れます。
レンズパーツは、ゲート跡をキレイに取り除かないと思います。


画像

肩は水平以上上がります。
肩関節は胴体側はボールジョイント、腕側はポリキャップになります。
肩口のベルトは合成ゴム製で、可動を損なわないようになっています。
ただし、経年劣化や、ホコリの付着が起きるのかが気になります。


画像

肘は90度以上曲がります。
腕パーツの先端が手首にかかっているため、手首はかなり引き出せるようになっています。
左手のみ平手があります。


画像

腰はよく回り、フロントアーマーは中央で切り離せば独立して可動します。
組立説明書にも「切り離して組み立てることもできます。」と明記されています。
また、この種のパーツは左右をつなぐゲート状のものが付いているのが常でしたが、今回はボールジョイントの球同士が直接くっついています。


画像

脚の前後の開きは驚異的です。
これはかなりのアクティブなポーズが期待できます。


画像

膝も二重関節でよく曲がります。
膝のパーツはドラム状になっており、『HGUC ゾック』の肘関節に似た感じです。


画像

正座するにはおしりが付きませんが、1/144でここまで動けば充分じゃないでしょうか。


画像

股関節の『3ボールジョイント』は、このようなパーツになります。
脚と股関節の接続にダブルボールジョイントを使用したキットは以前にもあり、それは左右の脚を別々に動かせましたが、これは右脚を前に出せば、左脚が下がるなど、連動した動きとなります。


画像

GNドライブの特徴的な背面です。
両肩についているのがGNビームサーベル、腰に付いているのがGNビームダガーになります。
GNビームダガーは上下します。


・七本の剣『セブンソード』
画像

画像

画像

右腕に装備されるのがGNソード、右腰がGNショートブレイド、左腰がGNロングブレイドになります。
また、剣ではありませんが、左腕に付いているのがGNシールドになります。

GNソード1本、GNロングブレイド1本、GNショートブレイド1本、GNビームサーベル2本、GNビームダガー2本で、計7本になります。



画像

GNソードのライフルモードです。
第1話ではAEUのMSにかすりもしませんでしたが、破壊力が高く、各軍とも防ぐ手段は無いそうです。
もっとも、演出的に剣のMSが銃で敵MSをバンバン倒すのはどうかというのもあるのでしょうが。

画像



画像

GNソードは可動式のグリップとアタッチメントで、手〜腕に固定します。


画像

GNソードのソードモードです。
刃の部分を起こします。
破壊力が大きい反面、巨大すぎるので使用できない状況もあるそうです。

GNソードの刃を初め、関節等にABS製のパーツが使用されています。
そのためか、「ABS部分への塗装は破損する恐れがありますので、塗装はお勧めできません。」と組立説明書に記載されるようになりました。

画像



画像

ソードモードはホントに巨大です。



画像

エクシアの機動やマニピュレーターの自由度を増すため、腕に直接固定するようになっています。
現用MSの武装には、GNシールドの強度を上回るほどの攻撃力は無いそうです。

GNソードやGNシールドのマウント部は、腕の前側という珍しい方式になっています。



画像

GNロングブレイド、GNショートブレイドは、太もも部分に取り付け用のパーツを追加してマウントします。
刃をGN粒子で包み込むことにより、驚異的な切断能力を発揮するそうです。

画像




画像

腰のGNビームダガーは、基本システムはGNビームサーベルと同じですが、ビーム刃が短い分、拡散されにくく、投擲にも用いれる様です。



画像

GNビームサーベルは肩に2本ありますが、展開状態のものは一体成型のもの1本しかありませんし、GNビームダガーもありません。
クリアパーツによるビーム刃はありません。
ビーム刃の形状は、よくある丸ではなく、平べったい形状になります。

GNビームサーベル、GNビームダガーともGN粒子によって刃を形成しています。
ビームサーベルがあれば、実剣なんていらないと思われますが、ビームサーベルには大気の状態や、ビーム拡散策により威力が減退する弱点があるそうです。

画像




画像

画像

GNビームサーベルのグリップを抜いたところです。
肩が凸、グリップが凹になっていますが、抜いた後の状態を考えたら、普通逆じゃないでしょうか?
グリップが凹のため、自分でビーム刃を作成して差し込めそうです。
ただ、バンダイのやり口から考えると、以降のキットにクリアのビーム刃が付属したものが出るような気もします。

※とか言っていたら、ホントにガンダムヴァーチェに付いてるし。



画像




以上、ガンダムエクシアでした。
HG ガンダム00シリーズを予想する上で大事なキットですが、いいデキだと思いました。

脚部を初め、各部の可動範囲も大きいです。
またレンズ上のパーツや合成ゴムなど、変わった形状、素材のパーツがガンダムなどには使用されるのでしょうかね。

早く4体のガンダムを並べたいです。



関連ページ
HG 1/144 ガンダムデュナメス
HG 1/144 ガンダムキュリオス
HG 1/144 ガンダムヴァーチェ

付録 ガンダムアストレア改造パーツ

HG 1/144 GNアームズ TYPE-E + ガンダムエクシア(トランザムモード)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
HG ガンダムエクシア
新シリーズ「ガンダム00」より、主役機「ガンダムエクシア」がHGで早速登場です☆ ...続きを見る
ソラのブログ
2007/10/11 13:19
ガンダム00の感想 第1話
第1話「ソレスタルビーイング」 ...続きを見る
ガンダム00の感想
2007/10/12 17:05
ガンダム00ぱーと2
ガンダム00第二弾。 ...続きを見る
ガンダムトラック
2007/10/14 00:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
俺も、このキット造りたいゥ可動範囲は、どんな感じですか?おれが造としたら、白い部分は、ベースホワイトを吹き付けて、目には、ラピーテープを貼りたいですねぇ浮ヌーでしょうィ
マコト
2007/10/11 20:33
トラバありがとうございます☆

このエクシア、作ってみてまず、その足の可動範囲の広さに驚きました。HGでもひざがこんなに曲がるとは・・・いい時代になったもんだw
GNソードはその巨大さが勇者剣みたいで大好きですwビームサーベルとダガーが付属しないのが、ちと残念ですよね(^^;
ソラ
2007/10/11 23:19
>マコトさん
稼動は、写真の通りよく動きますよ。
目のパーツはかなり小さいので、作業は大変かも知れません。

>ソラさん
二重関節を採用したHGやHGUCキットはありましたが、ここまで稼動範囲を確保したものは無かったのではないでしょうか。
ホントGNソードは勇者剣みたいですねぇ
いつか二刀流を見てみたい(^^;
アーサン
2007/10/12 13:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 ガンダムエクシア アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる