アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 ユニオンフラッグ量産型

<<   作成日時 : 2007/10/19 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「君の存在に心奪われた男」が乗っています



画像

画像

TVアニメ『機動戦士ガンダム00』から、ユニオンのMS『ユニオン フラッグ 量産機』です。
パイロットは量産機ということで、ユニオンの一般兵。

なんで第1話にも登場しないMSが『HG ガンダム00シリーズ』の第2弾なんだろうと思っていましたが、第2話の最後で『グラハム・エーカー』が搭乗して納得。
もしかしたら商品が発売される前の週にでも、TVで何かしらの活躍をするのかも知れません。

じゃあ、11月のティエレンの発売前には、『セルゲイ・スミルノフ』の活躍が見られる?



画像

顔の前面がセンサー素子で埋め尽くされた変わった頭部です。
メインカメラは顔と頭部装甲の隙間にあります。

頭部は内側に銀色のシールを貼り、外側にクリアオレンジのパーツを付ける構造で、合わせ目の無い構造になっています。
首は回せるのですが、両側にウィングの張り出しがあるため、指で掴み辛い上に、ABS製で固めです。


画像

肩は水平に若干足りないくらいです。
肩アーマーはダブルボールジョイントの関節の中央に被せるようになっています。
腕は、動かし方によっては外れやすいかもしれません。


画像

肘は140〜150度といったところ。
機体に比べて長い腕、大きい手、かなり好きです。


画像

腰を捻れるほか、変形機構により胸、腰がのけ反る動きができます。

胸の左側の黒い点は対人、対車両、ミサイル迎撃などに利用される20mm機銃です。
威力は低いですが連射可能なため、対MS戦闘時、牽制にも使用されます。


画像

脚の付け根が変わっていまして、大抵のガンプラは胴体の横から取り付けるのに、フラッグは前から取り付けるようになっています。


画像

膝は90度曲がります。


画像

付け根が前にあるため、まさかの180度開脚ができてしまいます。


画像

さらに付け根自体が前後しますので、信じられないぐらい脚が後ろに曲がります。

ただボールジョイントを使用していますが、股関節の部分から脚を大きく開いた仁王立ちは苦手だったりします。


画像

背中、及び腰のウィングは折りたたむことができます。
翼の裏には今後のキットバリエーションで何か付きそうな突起が付いています。

4枚のウィングをたたんだ姿はなにか、を連想させます。



●武装
画像

リニアライフルとディフェンスロッドです。

画像

リニアライフルは電磁加速した実体弾を打ち出す武器です。
発射前にチャージが必要ですが、低出力なら連射も可能で、近接戦闘にも対応できます。
銃の後部の物体は弾倉とバッテリーが一つになったパックです。

ディフェンスロッドは着弾角度を調整し、回転させて跳弾により攻撃を防ぐ盾です。
ただし、正面から攻撃を受けた場合、折れてしまうことがあります。


画像

ソニックブレイド(プラズマソード)です。

画像

超硬質カーボン製の剣で、高周波振動により高い切断力を持ちます。
この状態がソニックブレイドで、刃の周囲からプラズマ流を進展させて長さを伸ばしたのがプラズマソードのようです。
ビームサーベルの開発途中で生み出された兵器です。

今回もクリア刃は付属しませんでした。

フラッグの手の大きさに比べ、武器のグリップが細いか小さいのか、カッチリ持たせることができず、グラついたり、抜け落ちたりするのは残念なところです。



●MODE CHANGE
フラッグは飛行対応型MSということなので、それでは変形させてみましょう。

画像

肩軸を外側に引き出します。

ちなみにMS時には逆に内側に押し込むのですが、そうすると引き出す際、固くて指では引き出しづらいです。

画像

下半身を前にグッと押し出し、腰のウィングを小脇に抱えるようにします。


画像

脚を付け根ごと後ろに回します。


画像

頭部を押し込み、カカトのウィングを起こします。
肘の内側の凸と、膝の外側の凹を合わせます。


画像

画像

機首にリニアライフルを取り付けて完成です。
これをフライトポジションと言います。

うつ伏せや仰向けになっただけの変形と違い、腰を前後させる点が私的に高ポイントです。
ホントに飛ぶのか、ってのは無しです(^^;。

画像




実はフラッグは上半身と下半身に分離可能で、下半身の腰部には予備のコクピットがあるそうです。
キットでは分離はオミットされていますが、腰の部分で離せるので、せっかくだから分離させてみます。


画像

まずは下半身です。
ボトムファイターや、ボトムリム。バウ・ナッターと言ったところでしょうか。
リニアライフルの取り付け穴が下半身にあるため、こちらに付けました。


画像

上半身・・・。
ビミョウな出来映えです。



画像
ザ・愛の告白!?





以上、ユニオンフラッグでした。
ガンダム00のMSはガンダムもさることながら、他のMSも今までのガンダム作品と一線を画したデザインをしていましたが、ガンプラでも一線を画していました。

特に脚部の付け根は見たことのない形です。
おかげで開脚なんてこともできてしまいました。

色分けは『HG ガンダムエクシア』よりも良くできています。もともとの色味も少ないですし。
シールは頭部の内側のほかに、手の甲の黒い部分、リニアライフルの黒い部分、ディフェンスロッドの端の白い部分が付属します。
ただバーニアの内側の黒い部分は細く奥まっているので、塗装が少し面倒です。
私はスミ入れ用のペンを突っ込んでカチャカチャ塗りました。

これで今月の00関連のキットは終わるので、しばらくは積プラの整理に打ち込めそうです。


特異なMSデザイン。これはこれでアリかも知れません。
ただし皆さんアリアリ詐欺にはご注意ください。



関連ページ
HG 1/144 グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
HG 1/144 オーバーフラッグ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおぅ!ユニオンフラッグ完成ですね☆
私は昨日購入し、今作っている途中です(^^;
発売が決まったときは見送ろうかと思っていたのですが・・・先週の「心奪われた男」に私も心を奪われて買ってしまいましたw
これまでにない独特のデザインですが、キットはなかなかよく出来ているみたいですね(^-^)私も早く完成させようっとw
ソラ
2007/10/20 21:26
ユニオンフラッグ作成、ガンバって下さい(^^)v
キットのデキは今までのガンプラとはかなり違うものの、作って楽しいものになっていますね(^▽')
アーサン
2007/10/21 21:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 ユニオンフラッグ量産型 アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる