アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HGUC ドムトローペン サンドブラウン

<<   作成日時 : 2008/01/17 19:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

金・銀・パールプレゼント



画像

画像

OVA『機動戦士ガンダム0083 〜STARDUST MEMORY〜』に登場した、デラーズ・フリートのMS『ドムトローペン サンドブラウン』です。

”トローペン”とはドイツ語で”熱帯”という意味で、ドム・トロピカルテストタイプの実戦データを元に開発された機体です。
特に、砂漠仕様である”サンドブラウン”はカラーリングの変更以外に、砂塵対策などを施されています。

劇中ではキンバライト基地指令の『ノイエン・ビッター少将』をはじめ、ジオン軍残党が、アナベル・ガトー少佐やガンダム試作2号機などを宇宙に上げるための時間を稼ぐために、ガトー少佐に基地で採掘されたブルーダイヤモンドと意志を託し、アルビオン隊に向かっていきました。

画像



●可動範囲

画像

モノアイは、シールを好きなところに貼るようになっており、当然、可動はしません。

頭頂部にはリック・ドムU(ツヴァイ)と同様、サブセンサーが装備されています。


画像

肩の上がりは70度くらいでしょうか。


画像

肘は90度曲がります。
二の腕にロール軸があります。


画像

手は人差し指が可動し、分解しなくても銃を握って、引き金に指を掛けられます。


画像

左手は平手が付属します。


画像

腰は、コクピットと腰部のでっぱりが干渉します。

フロントアーマーとサイドアーマーが可動します。


画像

脚の開きはこのくらい。

足の外側に付いているのが、砂漠仕様のダストフィルターです。


画像

膝は45度くらい曲がるでしょうか。
立ち膝なんて、夢のまた夢です。


画像

リアアーマーに武装を取り付けるための凹みが多数あります。



●武装

画像

ドムといえば、やっぱりコレ『ラケーテン・バズ』。
リック・ドムのジャイアント・バズをマガジンタイプに変更したものです。

”ラケーテン”とは、ドイツ語でロケットのことです。


画像

グリップが可動するので、肩に担ぐことができます。


画像

画像

バズーカのマガジンを腰の前後に取り付けられます。



画像

お次もドムのメイン武器『ヒート・ロッド』。


画像

使用時と携帯時で色を変えるべきなんでしょうね。


画像

ヒートロッドはバックパックにマウントできます。



画像

公国軍の一般的MS用火器、『MMP-80 90mmマシンガン』。


画像

マガジンは取り外し可能です。


画像

3連マガジンを腰の左右に、


画像

マシンガン本体を腰の後ろにマウントできます。
本体のマガジンは外しておきます。



画像

使い捨てロケットランチャー『シュツルムファウスト』。
全部で4本あります。


画像

腰の後ろにマウントできますが、コレがポロポロ落ちます。


画像

狙って、狙って・・・。

画像




以上、ドムトローペン サンドブラウンでした。
武器が豊富なのはいいですねぇ。

特にバズーカなどは、グリップの可動のおかげで、担いだポーズをとれるのがうれしいです。

ただ、シュツルムファウストのポロリは泣けてきます。

あと、いわゆる『ドムトローペン』の色変え&武器追加なので、一部パーツが余ります。
もっとも、どちらを選ぶかと言えば、サンドブラウンを選びます。



web拍手を送る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HGUC ドムトローペン サンドブラウン アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる