アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/48 砲戦フレーム エステバリス

<<   作成日時 : 2008/04/22 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

砲戦で敵をたたけ!!



画像

画像

TVアニメ『機動戦艦ナデシコ』から、『砲戦フレーム エステバリス』です。

遠距離からの砲撃用のフレームで、エステバリスの売りである小型軽量を捨て、重し代わりに重装甲をまとわせることで、移動砲台としての威力を発揮します。
大火力を誇る反面、汎用性、機動性に欠け、単機種での運用は行わず、陸戦フレーム、空戦フレームと共に、小隊を編成して作戦行動を行います。

箱の作例写真を見ると灰色っぽくなっていますが、キットの成型色はがっつり茶色です。

画像



画像

頭部は取り外し可能で、ボールジョイント接続。
上下左右を向けます。


画像

肩は上がりません。

両肩は『ミサイル・ポッド』になっていますが、開閉ギミックはありません。


画像

肘は80度くらい曲がります。
肘部分で回転します。


画像

手は『ワイヤード・クロー』になっており、2本爪側が開閉します。

ただしクロー射出ギミックは無し。


画像

膝の可動は若干あり。

まあ、立ち膝で攻撃する機体じゃありませんし。


画像

背中にはエステバリス共通のロケットブースターがあります。



画像

そして、砲戦フレーム最大の武器は、この『120ミリ・カノン』。


画像

発射時は膝に固定することで、その衝撃を吸収します。


画像

更にアンカーを使い地面に固定します。

アンカーはパーツ差し替えです。


画像

画像

左右のグリップが展開しますが、特に握ったりしないようです。
そこまで動かないのも事実ですが。



画像

キットは砲戦フレームのランナーの他にエステバリス共通のランナーがあり、そちらには『イミディエットナイフ』が付いています。


画像

その他『ラピッドライフル』も。

もっともワイヤード・クローの手は、物を握るのに向いていないんですがね。



画像

画像

砲戦フレームもエステバリスということで、『アサルトピット』を持っています。


画像

頭部を付けるとこんな感じ。




以上、砲戦フレームエステバリスでした。
キットは動かないものの、移動砲台という特性を考えれば納得です。

更には、120ミリ・カノンを装着させると大満足。

キットの色分けはかなり低く、ちょこちょこ灰色を入れないとまっ茶色になってしまいます。




web拍手を送る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/48 砲戦フレーム エステバリス アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる