アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS LM ジーファルコンの中身(番外編)

<<   作成日時 : 2008/05/22 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ギッシリ、ミッチリ、ズッシリ



画像

さてさて、先日購入した『LM 1/144 モビルスーツキャリアタイプ戦闘機 ジーファルコン』ですが、コメントやweb拍手などで、「初めて見た」との声が多かったので、ここでその中身をじっくり見ていきたいと思います。

かく言う私も初めて見たものなわけで、作る前に記事を1本作っておこうと思いました。

まずは箱の表から。
写真はGファルコンの完成品と、ガンダムダブルエックスと合体した形態の写真になっています。


画像

箱の裏にはダブルエックス収納形態の写真もあります。

ちなみに箱の裏に書かれている対象年齢は『15歳以上』となっています。


画像

箱の大きさはガンダムXの1/144シリーズと同じくらいの大きさですが、形状は蓋の付いた身蓋箱ではなく、蓋を差し込むキャラメル箱となっています。



画像

中には白い成型色のランナーが3枚入っており、A1ランナーにはGファルコンの前部に当るAパーツのコクピット部や合体時のDXの胸に来る部分、後部に当るBパーツの本体などが付いております。

シールやポリキャップといったものは付属しません。


画像

A2ランナーには主にBパーツのコンテナ部分が付いております。


画像

BランナーにはAパーツの本体、Bパーツの拡散ビーム砲やエネルギーパックなどが付いております。

驚くべきことにこの拡散ビーム砲やエネルギーパック、

画像

両面を張り合わせるモナカ構造ではなく、各1パーツずつで構成されています。
中にプラスチックがギッシリ詰まっていることもあって、持ってみると大きさに似合わず、かなりの重量があることに気が付きます。


画像

画像

実はA1、A2ランナーのパーツも中身がミッチリ詰まっており、どれもズッシリとした重さがあります。



画像

組立説明書は1枚の紙を折り畳んだものになっており、裏に当る部分には塗装ガイドが載っています。


画像

内側にはGファルコンの解説が書かれています。


画像

組立の手順はわずか6作業でGファルコンが完成し、最後にDXとの合体方法が載っています。




以上、LM ジーファルコンの中身でした。
ちなみにいろいろな都合があるのでしょうか、商品名は『ジーファルコン』となっています。

とにかく重いこのキット。

とりあえずDXと合体させた時、DXの方が耐えられるのかが心配になったります。

まあ今回、こんなに写真が撮れたってことは、まだ手付かずってことなんですがね(^^;



web拍手を送る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Gファルコンの中身はこんなになってるんですねぇ〜!いい物見せてもらいました◎

にしても、このパーツ分けは・・・設定通りに塗るのは確かにめっちゃ大変ですね(^^;
ソラ
2008/05/22 23:52
>ソラさん

私は塗装はマーカーしか使わないことにしているからいいのですが、エアブラシなんかしたら、マスキングに手間が掛かるでしょうね。

今回Gファルコンの製作に先立ち、初めてガンダムXのDVDを借りてきて観てみたのですが・・・、面白いですねぇ(^^)
これは確かに、もっと評価されるべき作品です。
アーサン
2008/05/23 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    LM ジーファルコンの中身(番外編) アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる