アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 ジンクス

<<   作成日時 : 2008/07/20 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

半年早ければなぁ



画像

画像

TVアニメ『機動戦士ガンダム00』から、国連軍のMS『GN-X(ジンクス)』です。
パイロットはユニオン、AEU、人革連の各軍から選ばれた、29名のエースパイロット。

ソレスタルビーイングの監視者で、裏切り者であったアレハンドロ・コーナーが極秘に開発していた、擬似太陽炉搭載型MSで、30基の擬似太陽炉と共に、ユニオン、AEU、人革連の各軍に引き渡された後、三国が参加する国連軍所属の機体となりました。

擬似太陽炉は木星基地から回収されたHARO(紫ハロ)の中に残されていたデータを基にしています。
機体はチームトリニティにガンダムスローネをベースに発展させたもので、性能はプトレマイオス側のガンダムにやや劣ります。

画像



画像

頭部は襟が干渉し、上下左右ともあまり動かせません。

特徴的な四つ目ですが、それは頭部にサブコントロールシステムが搭載されているためで、サブコントロールが回避や照準など、基本操作面をサポートしてくれるそうです。
操縦系統も各軍パイロットに合わせたカスタマイズが施されており、慣れ親しんだ操縦系に近い操作でコントロールすることができるそうです。


画像

これまた特徴的な胸元のパーツですが、多少の可動があります。

前方の中央から左右へ伸びる部分は、機体と同じ、薄い灰色が正解です。


画像

肩は45度弱。
明らかに上がりません。
一応、肩部分に上下前後への引出機構はあるのですが。


画像

肘は90度。
左のみ平手も付属します。

二の腕にロール軸。


画像

腰は360度。


画像

腰の左右のパーツも、基部を支点に可動します。


画像

膝は90度以上曲がります。
前述の左右のパーツを使えば、膝立ちっぽいことも可能です。

足が大きいので、素立ちには安定感があります。

太ももに回転軸があります。
ティエレンのキットに近い構造をしています。


画像

膝裏のパーツが可動し、膝の曲がりを妨げません。

大きく開きすぎると、簡単に外れますが。


画像

背中にはちゃんとGNドライヴ。

ジンクスの製造は、各パーツを分散して製作し、最終組み立ては軌道エレベーター内の極秘工場で行われました。


画像

ジンクスのアクションベースへの接続部分は、一般的な両足の付根の間ではなく、後部スラスターの内側にあります。



画像

それでは、ジンクスの武装を見てみましょう。


画像

頭部に内蔵された連射可能な小型ビーム砲『GNバルカン』。

本来の目的は牽制ですが、ミサイルを撃ち落すことも可能です。


画像

メイン武装の『GNビームライフル』。
グリップを手で握る他、後部が腕に接続されています。

パワー切れの存在する擬似太陽炉搭載機の武装であることを考慮して、大型のGNコンデンサーを搭載し、出撃前にエネルギーを溜めておくことができます。


画像

フォアグリップが可動し、キツイですが両手持ちができます。

写真ではジンクスの顔がしっかりこっちを向いていますが、これは頭部を外してこっちに向けているからで、実際はここまで曲がりません。


画像

GNビームライフルに追加武装を装着し、『GNロングバレルビームライフル』になります。


画像

長距離射撃能力が付加されますが、連射機能が若干落ちます。
攻撃力に変化はありません。

ロングバレルってことは、ビームの収束率が上がっているような気がするのですが、攻撃力に変化が無いとは、どういう構造なんでしょうか?


画像

Eカーボン素材にGNフィールド効果を加え、完全防御を可能とした『GNシールド』。

ユニオン、AEUのパイロットを考慮して中央部にディフェンスロッドを内蔵しています。

てことは回るんでしょうか?


画像

指先は『GNクロー』になっており、パワー切れを考慮した非GN粒子武装として、格闘専用武器として使用できます。

GN粒子を付加することで、高い破壊力を持たせることも可能です。


画像

『GNビームサーベル』。

実剣ではなく純粋なビームによる剣で、抜き放つとGN粒子による刃が現れます。

クリアパーツによるビーム刃が2本付属します。
ビーム刃は薄いタイプではなく、丸いタイプになります。


画像




以上、ジンクスでした。
いやぁ、ガンダムに登場するMSとは思えないデザインをしていますねぇ。

胸や腰などに謎の突起物がありますが、それ自体は可動には影響しないと思いますね。

腕や股関節の付け根は、削りこんでやれば、もっと広がると思います。

色分けもシールでほぼ補えますし、部分塗装するにしても、そんなに手間はないでしょう。

定価1,200円ですが、TVアニメ放送中に1,000円くらいで発売されれば、複数買いで良く売れたような気がします。

やっぱり時期がねぇ・・・。


ちなみにこのジンクス、基本性能の高さから、改良を繰り返し使い続けられており、TVシリーズ第1期の4年後の世界でも、使用されているそうです。



関連ページ
HG 1/144 ジンクスV(アロウズ型)



web拍手を送る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして

ジンクスかっこいいですね
ぼくも複数ほしかったけどかえませんでした。
いきなりですみませんが、相互リンクしてもらえませんか?まだブログはじめたばかりでよければおねがいします。
セニ
URL
2008/07/20 21:46
私もジンクス好きなので、買うつもりです。
後、セカンドシーズンに出てくるジンクスが気になる。
ソレスタル・ヴァーチェ
2008/07/21 17:12
>セニさん、はじめまして

相互リンクの件、了解しました。
こちらこそ、よろしくお願いします。
ジンクスや、アヴァランチなどのレビュー、楽しみにしています。
アーサン
2008/07/21 19:13
>ソレスタル・ヴァーチェさん

このジンクス、00のHGシリーズの中では中の上と言える出来ばえで、決して買って損はないと思います。
セカンドシーズンではガンダム以外、どんなMSが出るか注目ですね。
アーサン
2008/07/21 19:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 ジンクス アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる