アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS BB戦士 張遼ゲルググ

<<   作成日時 : 2008/09/20 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

奮う!この魂の律動こそ命の証!



画像

画像

BB戦士 三国伝 英雄激突編から、凄絶なる闘魂『張遼(チョウリョウ)ゲルググ』です。
演者は『ゲルググ』。

かつては呂布(リョフ)トールギスとともに反董卓(トウタク)連合軍と戦った猛将です。
董卓の乱終結後は、呂布の愛馬・赤兎馬(セキトバ)とともに曹操(ソウソウ)ガンダムもとに降りました。

可動箇所は三国伝標準。

画像



画像

背中のマントは『鳳凰天舞(ほうおうてんぶ)』。

”鳳凰”と付いているわりには、蝙蝠のような意匠です。
ダークウイング?


画像

鳳凰天舞の両端がくるっと回って『戦盾形態(せんじんけいたい)』になります。

ちゃんとゲルググのシールドの形になっています。

戦盾形態でも背中に取り付けることができますが、斜めに取り付けることはできず、横向きのみとなります。
その際、盾の持ち手パーツは、鳳凰天舞の裏側にマウントできます。


画像

鳳凰天舞が無いと、背中はこんな感じ。



画像

画像

張遼ゲルググの軽装タイプです。

久しぶりに包み込むタイプの胸鎧なので、外すと上半身が小さくなります。

腕部分は成型色が青ですが、箱の写真を見る限り、肩や手と同じ濃い灰色が正解です。
手首の金のラインは腕を一周しているようですが、キットにはそのためのモールドはありません。

画像



画像

額には”張”の文字があり、足の裏には”張遼”のスタンプがあります。

ちゃんとゲルググの豚鼻になっています。


画像

右手は表情付きの平手が付属します。

最近の三国伝キットは平手だけじゃなく握り手と両方付属するので、手ばかりがどんどん余っていきます。


画像

見え辛いですが、腹筋が割れています。



画像

張遼ゲルググの武器は超重量級の巨大な青龍刀『鳳龍双刃刀(ほうりゅうそうじんとう)』。

赤い飾りは張遼ゲルググの肩鎧の後ろに付いている物です。


画像

龍モチーフの武器を使いますが、劉備(リュウビ)ではなく、曹操に仕える武将です。


画像

鳳龍双刃刀は分離して『龍身刀(りゅうしんとう)』(右)と『鳳鉤刀(ほうくとう)』(左)の2つの武器になります。
合体武器は、最近の三国伝ではおなじみですね。

龍身刀は分かるのですが、鳳鉤刀は、どこら辺が”鳳”なんでしょうか。


画像

刃を両端に装着することで『両長巻形態(りょうながまきけいたい)』になります。

必殺技『裂刃大旋輪(れつじんだいせんりん)』は両長巻形態の鳳龍双刃刀を超高速で回転させ、触れるもの全てを切り裂き、粉砕する技です。



画像

まごうことなく、この組み合わせはゲルググですね。




以上、張遼ゲルググでした。
ビームナギナタのような鳳龍双刃刀の両長巻形態、戦盾形態の鳳凰天舞の形など、ちゃんと”ゲルググ”しています。
曹操軍はマントが好きですね。

塗装箇所は各部の金の縁取りや、鎧の赤、足の甲の青など。
部分塗装するにしても、使う色は少なめです。
金の縁取り部分はシールが付属しますが、形状が複雑なものもあり、組立説明書には破らないよう注意書きが記載されています。

写真は撮っていませんが、一緒に曹操のもとに降ったということで、呂布トールギスのキットに付属する赤兎馬に乗せることができます。
まあ、赤兎馬には誰でも乗せられるんですが。



web拍手を送る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
張遼ゲルググ
相変わらず遅ればせながらな三国伝キットレビュー(^^; ...続きを見る
ぷらりぃがぁはぁと
2008/12/22 23:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっ、早速完成とは!仕事がはやいですね〜(^^)

自分はまだ、コミックワールドを読んだだけでキット自体は手つかずなんですが、鳳凰天舞が関羽を守るシーンに惚れましたw
武器にマントに、色々ギミックがあって面白そうなので早く作りたいですねー(>_<)
ソラ
2008/09/21 00:24
青いゲルググというのはガドー専用なのかと思いましたが、三国志シリーズはカラーは独自のようですね。

続々と三国志シリーズが出てきてますね。
今度、百式とドーベンウルフが出るのがびっくりデス!

SDシリーズは組み立てが簡単でいいですよね〜。
今MGゲルググ2.0を組み立て中なのですがとっても大変です。(パーツが多すぎまふ)
たーくん
2008/09/21 00:40
>ソラさん

鳳凰天舞、ただのマントなのに目が光っていましたねぇ。
ますます蝙蝠に見えてきます。
三国伝のキットの中では、比較的作りやすい方ですね。
アーサン
2008/09/22 10:54
>たーくんさん

色使いは確かにガトー・ゲルググですね。
角があるのがガトー機っぽくないですが。

百式のSDキットはたびたび出ていますが、SDのドーベン・ウルフは今から楽しみです。
アーサン
2008/09/22 11:02
アーサンさんたるです。寮長ゲルググはホビージャパンの烈伝でトールギスと一緒にのってます。
たる
2008/10/18 18:25
アーサンさんすいません張寮でした。
たる
2008/10/18 18:28
>たるさん

私の書き方が悪かったのか、以前私が書いたことがご理解いただけていないようですね。
コメントは、あくまでも記事に関係のあることにして下さい。
その記事に対して、読んだ人がどう思ったかを書いていただくのが、管理人としては一番嬉しいのです。

たるさんのように雑誌に載っていた、webに載っていたという情報を書かれても、こちらとしては、その情報元を見て、ああそうですね、としか言いようがありません。
第一、こちらとしても最新情報ぐらい、自分で調べられます。

また、自身で考えられたガンダムを書かれましても、こちらとしても同様に感想を述べようがありません。
そういうことをなさりたいのなら、他人のコメント欄を使用せずに、自身でblogなりを立ち上げてやられるべきです。

一方的にコメントを送りつけるのは、迷惑ですのでご遠慮下さい。
アーサン
2008/10/19 13:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    BB戦士 張遼ゲルググ アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる