アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS BB戦士 周倉ドーベンウルフ

<<   作成日時 : 2008/11/23 14:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

脱獄なら手をかすぜ・・・!



画像

画像

BB戦士 三国伝 英雄激突編から、流浪の豪鬼『周倉(シュウソウ)ドーベンウルフ』です。
演者は『ドーベンウルフ』。

成り行きで関羽ガンダムと共に行動することになった元山賊で、怪力自慢の大男。
赤兎馬なみに足が速いという特徴もあります。

可動は、三国伝標準。
ただし、肩の下側の張り出しが腕の可動に干渉します。
画像



画像

周倉ドーベンウルフのモノアイは、中央のものと左寄りの2種類のシールが付属。

中央のものは前方やや上からでないと見えません。


画像

周倉ドーベンウルフには劉備ガンダムのランナーこと、『ホンタイ 1』が使用されており、バックパックもその一部。


画像

左肩鎧の『鬼鋭盾(きえいじん)』は関羽隊の証。


画像

関平ガンダムでは金を入れたので、周倉ドーベンウルフでは銀を入れてみました。

ホンタイ 1も関羽隊の証?



画像

画像

周倉ドーベンウルフの軽装タイプです。

鎧を脱ぐとドーベンウルフだか誰だか分からなくなります。

身体がホンタイ 1ということで小柄になっているため、軽装タイプでは足が大きいです。
画像



画像

額には”周”の文字があります。

右平手が付属しますが、武器に手を添える感じの形でもないので、使い勝手は特に良くはないです。


画像

足の裏には”周倉”のスタンプの他に3つの突起があります。

これは、「周倉が赤兎馬なみの速さで走れたのは、足の裏に3本毛が生えていたから」というエピソードに由来しているそうです。


画像

脚は通常のホンタイ 1の脚の前後の向きを変え、前方にパーツを付けた構造になります。
この方法だと、前のパーツを変えれば様々なMSの脚を再現できるので、ホンタイ 1の使用が高まりそうですね。



画像

武器は、背中の2本の『尖刃刀(せんじんとう)』。


画像

大型武器の『頑硬斧(がんこうふ)』。


画像

頑硬斧は横の持ち手でも持たせることができます。


画像

頑硬斧はバックパックにマウント可能。
尖刃刀が付いた状態では斜めには取り付けられません。


画像

頑硬斧と尖刃刀が合体し、『三爪戟(さんそうげき)』という巨大戟になります。

箱には「3つの斧が合体!」と書かれていますが、尖刃も斧なんですね。


取説マンガではガチャ グチャ ゴキャ ボキっと、戦場でその場で作ってしまいました。


画像

必殺技は『豪鬼爆連双(ごうきばくれんそう)』。
三爪戟を振り下ろす技で、その破壊力により鬼の爪で抉られたような痕を残します。



以上、周倉ドーベンウルフでした。
まさか、またもホンタイ 1が登場するとは。

武器の合体もすっかりお約束になってきましたね。
周倉の武器はその他、関羽や関平の武器とも組み替えることができるそうです。

塗装箇所は三国伝キットとしては少ない方じゃないでしょうかねぇ。
広い面ではなく、細い線を多く塗ります。

しかしSDでドーベンウルフが出てくるとは。
今後も三国伝ではキット化に恵まれなかったMSが武将として登場して欲しいです。



web拍手を送る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アーサンさんの方も完成しましたか!
モノアイが正面を向いている時に、兜の穴から見える
のが気に入ってます。
劉備ガンダムのボディを流用すると、説明書を見なくても作れるので、周倉で最後に・・・、あっ!翔烈帝
を入れると4体目になるのか!?
銀の牙
URL
2008/11/23 15:42
>銀の牙さん

モノアイの感じ、確かにいいです。
上からだから、睨んでいるようにも見えるんですよね。
翔烈帝もホンタイなのか、今から気になりますね。
アーサン
2008/11/25 15:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    BB戦士 周倉ドーベンウルフ アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる