アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 アリオスガンダム

<<   作成日時 : 2008/12/21 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

アイ・ハブ・コントロール



画像

画像

TVアニメ『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』から、『アリオスガンダム』です。
パイロットは『アレルヤ・ハプティズム』。

ガンダムキュリオスの発展型で、飛行性能の強化、固定武装の増加など、基本スペックの向上が図られています。
アリオス専用支援機GNアーチャーは、キュリオスで機体後部に装備していたテールブースターを強化発展させたものです。
テールブースター・・・、そういえばそんなのもありましたね。

パイロットのアレルヤ・ハプティズムは4年前のソレスタルビーイング崩壊後、地球連邦の捕虜となっていましたが、刹那たちに救出されたのち、マリー・パーファシーを取り戻すために戦うことを決意します。
超兵としての脳改造の弊害で第2人格「ハレルヤ」が生まれてしまい、前述の崩壊時に消失したかと思われましたが、最近の放送で一時復活。

セカンドシーズンが始まり、マリーを取り戻した以外パッとした活躍も無く、戦闘でもビッとしたところが無いなど、全体的に良い所が無いので、これから挽回して欲しいです。
画像




画像

首は二重関節。
両頬のチンガードが長いので、上を向かせないと襟に干渉します。

新型ガンダムの特徴、4本アンテナの下2本がヒゲのよう。


画像

肩は飛行形態への変形機構のため、よく分からないところまで上がります。


画像

肩の構造は、腕の取り付け部分が一般的な左右ではなく、上に付いています。
そのため、前後の引出機構はなし。
関節のボールジョイントによる前後可動のみになります。

肩の接続部分に微妙な角度が付いており、ポーズが付けにくいです。


画像

腕の曲がりは、手首も合わせて180度。

手は左右握り手の他に、武器持ち用の穴の開いていない左握り手が付属します。
正直、使い道が思いつかない・・・(^^;


画像

腰は二重関節。


画像

フロントアーマーは、最初から左右分離。

リアアーマーも可動します。


画像

フロントアーマーの接続部分は剥き出しになっており、脚を動かしすぎると簡単に外れてしまいます。


画像

アリオスのGNドライヴは股間部分にありました。


画像

脚の開きは左右合わせて90度くらい。
足首はちゃんと接地します。


画像

膝は二重関節で180度曲がるのですが、前後のアーマーに干渉します。


画像

膝立ちも可能。

すねの翼のオレンジはシールです。


画像

キュリオスと同様、足の後部分はスカスカです。


画像

肩の後ろの穴は、飛行形態時、リアアーマーと接続するためのものです。



画像

アリオスガンダムの防御は、両肩に設置されたパーツからGN粒子によるバリアを展開する、新開発の『GNビームシールド』を使用します。
GNフィールドとの違いは、展開されたビームフィールドが攻撃力を持っていること。
画像



画像

固定武装は、腕の中に格納された二連装の『GNサブマシンガン』。

腕のカバー部分を差替えて展開します。


画像

もちろん、両腕にあり。

カバーの内側を塗装したために取り外しがきつく、折角塗ったのに、そのたびに剥げてしまいます。


画像

手持ち武器は『GNツインビームライフル』。


画像

キットにはSEEDの頃からおなじみのスタンドが付属。
アリオス用にMS形態時と、飛行形態時様の2種類の接続パーツが付いてきます。
アリオス本体のスタンドの取り付け穴が、リアアーマーの内側、お尻部分にあり、通常のアクションベース1、2でははまりません。



画像

そして、フロントアーマーの裏に『GNビームサーベル』。

ついにガンダムにビームサーベルの刃が付きました。


画像

刃は長いものと、それよりもやや短いものの2本が付属します。

手首を真っ直ぐにしたままだと、GNビームサーベルのグリップの下部分と腕カバーが干渉しますので、手首に角度を付ける必要があります。



画像

画像

アリオスガンダムの飛行形態です。

薄くて長いです。
画像



画像
リアアーマーのみ差替え変形。


画像

スタンドのアーム自体に結構な角度があり、かなりも上向きです。


画像

裏からだって良く見えます。

頭部はうつむき気味になっており、アンテナによる首が回らなくなっています。


画像

GNツインビームライフルの銃身は可動式になっており、1方を下側に向けて地上攻撃を行うことができます。


画像

機首部分の四角は『GNバルカン』。
威力は弱いですが、ミサイルなどの迎撃に利用されます。


画像

そして、機首部分が展開。
内側にGNビームシールドを張ることで、敵を挟み込んで切断することができます。



以上、アリオスガンダムでした。
遂にガンダム4機揃い踏みです。

ビームサーベルもようやく付きました。

部分塗装箇所としては、キュリオス同様、各部グレーが必要となります。
すねの翼のオレンジがシールなのは残念ですが、これはこのサイズではパーツ分けも難しいでしょうし、仕方がないと思います。
シールが付属しただけでも良しですし、逆にオレンジ色の成型色だったら最悪です。

可動は腕や脚などは、相変わらず、流石というレベル。
ただ、妙な角度の付いた肩とか、外れやすいフロントアーマーなど気になるところが無いとは言えません。

そして飛行形態。
機首や肩部分はしっかりロックされますが、腕や脚は極めてフリーです。

しかし、この薄さと長さと細さ。
手に持ってみると妙にしっくりきて、ブーン、ブーンと飛行機ごっこがしたくなります。

それと、飛行形態に変形するMSは多々ありますが、機首に銃やシールドを使っているMSは、それを壊されたら変形できないんじゃ?といつも思うのですが、MS単体で変形できるものは、そういうことを考えないで済むのでいいですね。



web拍手を送る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アリオス!アリオス!
(いまだにキュリオス!と書いてしまいそうになる)
1/100ダブルオー&オーライザーを迷ってやめたのですが、アリオスにしようかしらん。

そそ、ワタシの大好きなフラッグもリニアライフル壊されたり奪われたりしたら飛行形態になれないなぁと思っていたのです。
そのへんの対策ってどうしてたんだろう。

だぶるおー積みプラになってるのに・・・
アリオス買って来て先に手をつけてしまいそうですだ。
夕凪
URL
2008/12/23 00:57
>夕凪さん

私はケルディムの名が、未だにすぐに出てきませんorz
やっぱり戦闘シーンで見せ場がないと、記憶に残りにくいと言うか・・・。

1/100ダブルオーライザーは、ダブルオーの可動に難があるのと、HGでもオーライザーが発売されるとのことで、私もスルーしました。

フラッグは普通は出撃時にMS形態か飛行形態を選択するのであって、戦闘中に変形しちゃうのはハムの人とその仲間たちくらいですから、いざという時も何とかなりそうな気がします。
アーサン
2008/12/23 13:31
はじめましてー。
握り手は素立ちさせた時にリアルに見せるためのアクションパーツなんですよ。
左手に長方形の穴があると武器は持たせられますが、何も持ってないと不自然な穴でおもちゃっぽく見えてしまいますよね。
それをリアルに見せるための握り手なのです。
立たせ方次第でとてもカッコ良くなったりカッコ悪くなったり。

いきなりこんなでしゃばったこと言ってすみません><
通りすがり
2009/04/13 02:31
>通りすがりさん

穴の無い握り手は、確かにそう使うようですが、アリオスって、どちらかというと飛行形態で飛び回っているイメージが強く、素立ちの印象が湧かないんですよね。
どうせ武器が持てない手であるならば、平手にしてくれた方が、武器に添えたり、躍動感が出たりと、使い勝手が良いから助かるのですが。
あるいは、他のガンダムに穴の無い右握り手が付属していれば、両方とも握り手でバランス良く飾っておけるんですよねぇ。
アーサン
2009/04/14 11:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 アリオスガンダム アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる