アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 ミスター・ブシドー専用アヘッド

<<   作成日時 : 2008/12/06 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「聞く耳持たぬ」



画像

画像

TVアニメ『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』から、『ミスター・ブシドー専用アヘッド』です。
パイロットはそのままズバリ『ミスター・ブシドー』。

独立治安維持部隊アロウズで使用されている汎用機アヘッドをミスター・ブシドーをパイロットとして運用することを前提に、接近戦用にカスタムした機体です。
正式名称は『アヘッド近接戦闘型』、開発コードは『サキガケ』です。
火器をほとんど持たず、主武装は大型のGNビームサーベルとなります。

パイロットのミスター・ブシドーは、アロウズ司令部から独自行動の免許を与えられた『ライセンサー』で、自ら望んだミッション以外に参加せず、作戦中の行動も自分で決定することができる、たった一人の軍隊『ワンマンアーミー』です。
戦闘ではMS同士の格闘戦を好み、対ガンダム戦では、特に執念とも言える情熱を見せます。
技術者のビリー・カタギリとは昔からの知り合い。

公式には謎の人物とされているので、思うところがあっても、ズバリと言うのは野暮ってもんです。
日本風の仮面と衣装から、周りからミスター・ブシドーと呼ばれており、本人は迷惑している様子。

ミスター・ブシドー専用アヘッドの可動は、アヘッド量産型と同じ。
ここでは変更箇所だけを見ていきます。
画像



画像

なんと言っても、特徴ある頭部。
量産型に比べ、つぶれた顔をしています。

チンクシャですね。

外見は、ミスター・ブシドーの意見が大きく反映されているそうです。


画像

後頭部にはクワガタっぽい何か。


画像

後頭部から伸びたエネルギーケーブルは、追加装備へのパワー供給に使用されますが、取り回しが不便なため、ビームサーベルには使用されません。

意ー味 なーいじゃーん!


画像

肩パーツには、上部に突起物が付いています。


画像

胸の形も量産機とは異なっています。

胸のマークには、何か意味があるんですかね。


画像

脇の下には『GNショートビームサーベル』、太ももには『GNビームサーベル』がマウントされています。


画像

太もも前方には、謎のパーツが追加されています。


画像

背部の粒子スラスター派大型化され、縦向きに配置されています。
接近戦闘でのサーベル運用に配慮し、両腕とスラスターが干渉することを避けるため、この向きになっています。


画像

腰のスラスターも2つに増加。
オートマトンコンテナなんて付けません。



画像

固定武装は頭部に『GNバルカン』。
機能は量産型と同じ。

『GNショートビームキャノン』は両スラスターに内蔵されています。
GNビームライフルより小型で威力は弱いですが、連射機能が高められており、敵を近接戦闘に持ち込むための牽制などに使用されます。

ブシドー・アヘッドの火器は、この2種類のみとなります。


画像

『GNシールド』の中央部にはディフェンスロッドを内蔵しています。
上部にはGNビームサーベル用のGNコンデンサーがあり、サーベルへの粒子の急速チャージを行うことができます。

ミスター・ブシドーは左利きであるため、シールドが右腕に装備されています。


画像

『GNビームサーベル』は近接戦闘用の主武装。


画像

太もも以外に、シールド裏にもマウントすることができます。


画像

両手持ちを前提とし、大きな破壊力を持ちます。


画像

GN粒子の消費量が桁違いに大きく、機体から供給される粒子用では不足するというシロモノ。
だから、シールドにコンデンサーが必要なんですね。


画像

『GNショートビームサーベル』は小型の予備で、運用時間も短いですが、威力は通常のビームサーベルと同等です。

画像

武士の大小ですね。

画像

左利きの人が左に太刀を佩いていたら、抜きにくいんじゃないかな?



以上、ミスター・ブシドー専用アヘッドでした。
早くも登場したアヘッドのバリエーション機。

量産型と同様、設定イラストに比べ、スマートなプロポーションになっています。

部分塗装が必要な箇所は、量産型とほぼ同じ。
新規造形のスラスターのオレンジ部分が色分けされていないのはチト辛いですね。
量産型では、パーツが分けられていたのに。

ビームサーベルは遂にクリアパーツの刃が付属。
ただし、元の色は無色透明となっています。

ブシドー機が出たってことは、もう1つのカスタム機である『脳量子対応型』も出るんでしょうかね。
元キットと合わせ、同じようなのを2つも作ると飽きてしまうので、3つ目以降は苦行になるんですがねぇ。

そして、第9話で頼んだ「私色に染め上げて欲しい」試作機。
そちらは本編の登場と、キット化が待ち遠しいです。
もっとも、それが「ミスター・ブシドー」専用、と銘打たれるとは限りませんがね。



関連ページ
ブシドー・アヘッドを買ってきました



web拍手を送る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
拝見しました!
頭部の後部にあるクワガタや、胸部にある追加装甲、背部の粒子スラスターを見ていると、「武者」のティスト
が入ってますね。武器のサーベルも刀と脇差しですし。
これは、買ってもいいかなと思いました。
ブシドーさん、機体を乗り換えると口調も元に戻るのかな?
銀の牙
2008/12/06 15:53
>銀の牙さん

大小の刀は、エクシアも持っていましたが、やはり外見からもブシドーのは武者っぽいですよね。
旗とか立てても似合いそう。
アーサン
2008/12/07 11:25
アニメ銀魂の133話に、お遊びとして魔を封じる札の一枚の中に頑駄無双王(ガンダムダブルオー)と書かれてましたから、アヘッドの場合は『阿頭』でしょうね。
ポジションは殺駆一族のような感じで。
銀の牙
2008/12/07 21:04
>銀の牙さん

新潟は時差があるので、1ヶ月遅れです。
ただ、アヘッドって普通はそれ1つで単語ですが、MSだと別なのかもしれませんね。
アーサン
2008/12/08 19:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 ミスター・ブシドー専用アヘッド アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる