アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS BB戦士 ゼータガンダム

<<   作成日時 : 2009/03/07 09:00   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 9

君は、刻の涙を見る



画像

TVアニメ『機動戦士Ζガンダム』から、『ゼータガンダム』です。

ティターンズから強奪した『ガンダムMk-U』のムーバブル・フレームの技術に変形機構と、装甲材ガンダリウムΓ(ガンマ「)を取り入れて開発されたエゥーゴのフラッグシップMS。
変形後の飛行形態・ウェイブライダーは単体で大気圏突入を行える機能を持ちます。

画像

画像




画像

可動箇所は首、肩、腕、足、つま先。



画像

武装はビームライフル。


画像

シールドはウェイブライダー時の機首になる大事なパーツ。
そんな物で身を守ってはいけません。

だいたいサイズが小さいし。


画像

構造上、腰は回りませんが、つま先が動くので、ポーズが決まります。


画像

ビームサーベルも付属します。


画像

更にハイパーメガランチャーも付属。


画像

大きさとディティールの細かさで、見栄えが良いです。


画像

ハイパーメガランチャーは、立てた状態で持たせることもできます。


画像

その他、バイポッドのパーツを取り付けて、単体で飾ることも可能です。



●ウェイブライダー
画像

ゼータガンダムの特徴であるウェイブライダー形態へは、頭部と腰パーツを外すことで変形します。

頭部はともかく、腰パーツを外すため、実際の形態とは違い、機体両側にサイドアーマーがありません。

画像

画像




画像

ウェイブライダー形態でも、機体下部にハイパーメガランチャーを取り付けることができます。

付いていない状態に比べ、安定して飾ることができます。

画像

画像



画像

SDでありながらも、腕を中央に折り込んだり、脚部を開いたりと、ちゃんとゼータガンダムの変形をしています。



以上、ゼータガンダムでした。
特徴は、やはりその変形機構。

本文中にもありますが、頭部と腰パーツは外しますが、後はそのまま、差し替え無しでウェイブライダーに変形してしまいます。

武装も一通りあり、ハイパーメガランチャーは、構える以外の持ち方もできるので、縦にしておけば置き場所を取りません。

色はまあ、シールで補えるところもあれば、補えないところもあるわけで。

テールスタビライザーや、手の甲、足の甲といった白い部分は、やっぱり塗るのが面倒ですね。



web拍手を送る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ、出ましたね〜エゥーゴ開発した、可変試作モビルスーツで全高19.8メートルで重量28.7トンMSZ−006ZGUNDAM
ZGUNDAMはたしかエゥーゴと協力してたA.E.(アナハイム・エレクトロニクス社)が「リックディアス」の開発後に発動した、「Zプロジェクト」開発された機体のひとつが、このZGUNDAMなんですよねジ・Oに、ウェイブライダーで突っ込んでいくところは、つい、「ザマァみろ」と大声で、いっちゃいました。
あの、シロッコの顔は「くやしいです!!」より、けわすィでげす。
「ザァマァみろオオooドちくしょおおガアア!!!!
キケラド
2009/03/07 12:52
OGUNDAMにのっていたのって、リボンズ?なのでしょうか?
キケラド
2009/03/07 13:04
刻の涙見ちゃいました(笑)変形機能まで細かく再現されててすばらしいです。
ジャッキー・カン
2009/03/07 21:01
>キケラドさん

少なくとも、少年兵時代の刹那が見たときのオーガンダムに乗っていたのはリボンズです。
アーサン
2009/03/08 23:18
>ジャッキー・カンさん

BB戦士でもリアル系のゼータは、あのゼータマン以来でもありますからね。
アーサン
2009/03/08 23:26
BB戦士でZプラスが発売された時に、コミックワールドの方で後継機であるZプラスが先に発売されてすねていた姿が印象に残りました。
頭部と腰を外すことで変形するんですね。元祖SDガンダムでウェイブシューター(だっけ?)に変形する模型が発売されてました。確か背部の左右のウィングの形状が違うので名称も違っていた気がします。
銀の牙
2009/03/09 17:31
>銀の牙さん

元祖SDや旧HGでは、確かにウェイブシューターに変形しましたね。
宇宙/大気圏突入用のウェイブライダーに対し、大気圏内での飛行能力を向上させたのがウェイブシューターという設定だったかと思います。

もっとも実際のところは、Ζガンダムの変形機構が複雑すぎて、キットのパーツ強度が持たないための苦肉の策だとも言われていますが。
アーサン
2009/03/09 18:07
>ウェイブシューター
変形機構自体は1/144Ζプラスで完成されたモノとほぼ同じです。
頭部と腹部だけ外して、あとはほとんど完全な変形でした。

流石に元祖の方の変形機構は分かりませんっす…;

今ふと思ったんですけど、ガンプラの進化の歴史のうち1/3くらいは
Ζ系の変形機構へのチャレンジで積み重ねられて来たよーな…。
アサギリミスト
URL
2009/03/10 01:16
>アサギリミストさん

ガンプラは直立不動から始まって、スタイルと可動が両立されるに至ったものの、未だにそこに変形を組み込むのは大変だったりしますからねぇ。

宇宙世紀でもΖガンダムの時代は可変MSの開発に試行錯誤を繰り返していましたが、同様に現実でも可変キットの開発に試行錯誤を繰り返しているのには、共通するものを感じますね。
アーサン
2009/03/10 19:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    BB戦士 ゼータガンダム アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる