アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS BB戦士 黄忠ガンダム

<<   作成日時 : 2009/04/18 16:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

このワシが引き絞る弓に、貫けぬものなど無いわ!!



画像

BB戦士 三国伝 戦神決闘編から、暁の狙撃手『黄忠(コウチュウ)ガンダム』です。
演者は『ガンダムMk-U(エゥーゴカラー)』。

元荊州軍中老将で、赤壁の戦いで荊州軍が敗れた後、流浪の末に翔にたどり着きました。
射撃の名手で、老将でありながらも、その腕はいまだ衰えることを知りません。

可動箇所は三国伝標準。

画像

画像



画像

盾の意匠などは、ガンダムMk-Uのものが基になっています。


画像

刀は『斬空刀(ざんくうとう)』。


画像

『鋭真弓(えいしんきゅう)』による射撃は、百発百中で、針の穴を通すといわれるほど。

兜飾りの龍の尾がバックパックに干渉するため、兜を被ったままだと、左右を向ける幅は狭いです。



●軽装形態
画像

黄忠ガンダムの軽装形態です。

左右非対称の黄忠ガンダムの武装形態ですが、腕鎧も左腕にしかありません。

画像

画像



画像

額には”黄”の文字があります。

その左右にあるのは「怒りマーク」?


画像

右手は矢を持つ形になったもののみで、替えの手は無し。


画像

足の裏は『黄忠』のスタンプとなっています。

さらに、足の裏に穴が開いていますが、詳細は後述。



●龍身鎧形態
画像

黄忠ガンダムが、専用の強化武装『龍身鎧(りゅうしんがい)』をまとい、『龍身鎧形態』となります。

とっても、『スーパーガンダム』ですね。

画像

画像



画像

スコープの額部分には、”U”の意匠があります。


画像




●連龍牙形態
画像

龍身鎧と矢をバックパックに取り付けると、『連龍牙形態(れんりゅうがけいたい)』になります。

画像

画像



画像

取説マンガでは、この形態で、肩から無数に矢を放っていました。



●連射形態
画像

バックパックがアンカー状に変形し、『連射形態(れんしゃけいたい)』になります。

画像

”ケンタウロススペシャル”や『天界武将戦刃丸』を彷彿とさせます。

画像



画像

そして、鋭真弓と龍身鎧が合体し、『龍鱗剛烈弓(りゅうりんごうれつきゅう)』となります。

威力、命中率ともに最高の超大型の弓です。


画像

必殺技は『昂龍剛鳴閃(こうりゅうごうめいせん)』。

一発の矢に闘気を込めて発射する必殺技で、龍の雄叫びを聞いた時には、敵はすでに胸を貫かれているそうです。



●支援メカ
画像

黄忠ガンダムのバックパックと龍身鎧が合体し、支援メカとなります。

龍身鎧形態はスーパーガンダムなのに、支援メカは『Gディフェンサー』っぽくありません。

画像

画像



画像

支援メカの上には、黄忠ガンダムを乗せることも出来ます。

黄忠ガンダムの足の裏の穴は、このためのもののようです。



●五誇将
画像

馬超ともども、司馬懿の罠に嵌った翔の軍隊。
絶体絶命のピンチに、翔烈帝 劉備の龍帝剣から現れた龍輝宝が、5人の武将に力を授けます。


画像

龍輝宝のパーツを身にまとい、関羽、張飛、趙雲、黄忠、馬超の5人は『五誇将(ごこしょう)』となり、ピンチを切り抜けます。

”虎”ではなく、”誇”です。



画像

黄忠ガンダムは、左肩に龍輝宝のブロックC・胴部分を取り付けます。

画像




以上、黄忠ガンダムでした。
戦神決闘編となり、ボリュームのあるキットが続きます。

ただ黄忠は、そのボリュームの分、干渉する箇所も多かったりします。
兜の龍の尾とバックパックとか、腰に差した斬空刀と、やっぱりバックパックとか。


気になったのは、弓矢キャラでありながら、うまく矢をつがえられないところ。

矢専用の右手ですが、構造的に矢の先端は正面を向くことになります。
それはそれで昂龍剛烈弓の時は問題ないのですが、普通の鋭真弓の時は具合が悪いんですよね。

いわゆる、左腕を体の左側に伸ばし、右腕を体の正面に持ってくるという、一般的な弓の構え方をするには、腕の関節部分の左右への可動幅が狭いんです。
同じ弓矢キャラである夏侯淵ダラスではそんなことなかったので、腕の構造はもう少しどうにかして欲しかったです。

記事中の写真では、右手の上に、軽く矢を乗せており、矢専用右手の持ち味を活かしていません。


シール以外で塗装が必要な箇所は武装関係。

左肩鎧や、盾などの鱗模様はスミ入れし甲斐がありますね。
少し前なら、同じ三国伝キットでも、ここら辺はシールでもおかしくないところでした。



web拍手を送る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私も黄忠ガンダムの頭の物が青筋が浮き出るように見えました。今月で五
誇将が集結し、来月ではBB戦士初模型化となる徐晃サーペントと初女武将
となる孫尚香ガーベラが発売されます。
2人とも、登場して気に入っているので発売が楽しみです。
銀の牙
URL
2009/04/18 16:44
形態によってはスーパーガンダムを連想させますね。ガンダムMk−2だけあって!
ジャッキー・カン
2009/04/18 21:52
>銀の牙さん

三国伝は、キット化に恵まれない機体も、武将として登場するのが面白いですね。
来月の2体、徐晃サーペントと孫尚香ガーベラは、どちらが先に発売されるか分かった時点で、取説マンガの展開が予想できそうです。
アーサン
2009/04/20 15:42
>ジャッキー・カンさん

個人的には連龍牙形態が好きです。
アーサン
2009/04/20 15:43
>レッドさん

関羽は三国伝でも初期のキットですからね。
やはり最新の物と比べてしまうと、物足りなさは出てしまいますね。

三国伝は関節の構造が全武将で共通となっていますが、それでも細かな違いがあるので、可動範囲が変わってきたりします。
ためしに黄忠の肩の紺色のパーツを別の武将と取り替えてみると、かえって腕がよく動くようになります。
アーサン
2009/05/23 11:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    BB戦士 黄忠ガンダム アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる