アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HGUC Hi-νガンダム

<<   作成日時 : 2009/06/13 10:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

Hi-νガンダムも伊達じゃない!?



画像

小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 〜ベルトーチカ・チルドレン〜』から、『Hi-νガンダム』です。
パイロットは『アムロ・レイ』。

「シャアの反乱」に対抗すべくロンド・ベル隊に配備されたニュータイプ専用MS。
「ガンダムタイプ初のフルスペックNT専用機」であり、シャアのネオ・ジオンと拮抗するフラッグシップMSとなっています。

メイン・パイロット兼エンジニアであるアムロ・レイが設計したファンネルコントロール用のサイコミュシステムに加え、ネオ・ジオンのサイコ・ドーガを鹵獲した際に入手したサイコ・フレームの技術が投入されています。
基礎設計は歴代の”ガンダムタイプ”の平均値にアップデートを施したもので、複雑化、巨大化していた当時のMSの傾向に逆行するかのような意匠を持ちます。

画像

画像




画像

首関節はνガンダムと同様の構造で、二重関節。
ただし、頬や襟足が襟周りと干渉するため、上下左右の振り幅は狭いです。

頭部の構造もνガンダムと同様にヘルメット型となっています。


画像

肩関節には上・前後への引出機構があり、腕は水平よりも高く上がります。


画像

肘関節は一重関節で110度ほど。
二の腕にロール軸。

手は左右握り手の他、右銃握り手が付属します。


画像

腰はボールジョイントで、回転、仰け反りが可能。
ちょっと中身が見えちゃっていますが。

フロントアーマーは、中央で切り離せば、左右独立して動く形になっています。


画像

膝は二重関節で、100度ほど曲がります。
太ももにロール軸はありませんが、股関節の可動範囲は広いです。
足首も二重関節。

アクションベース取り付け穴は足の付け根にあり、ポリキャップが使用されていますがカバーは無く、剥き出しとなっています。


画像

ファンネルラックは左右に可動。
中央のスタビライザーは上下に動きます。
プロペラントの取り付け部分はボールジョイントです。



画像

固定武装は『頭部バルカン砲』に、右腕の『腕部マシンガン』。


画像

その他の武装は・・・、


画像

『ビーム・ライフル』は、最大出力時には、同時期の戦艦クラスの主砲に匹敵する威力を持つもの。
ビームを圧縮して間欠的に射出するマシンガン的な使用も可能。



画像

『シールド』は、一年戦争時のビーム・ライフルに匹敵する威力のビーム・ガン用のジェネレーターを内蔵する防御機構。

マウントパーツにより、腕の外側と後ろ側に選んで取り付けます。

青白が、きっちりパーツ分けされています。


画像

『ニュー・ハイパー・バズーカ』は連邦軍の代表的なMS用兵装で、Hi-νガンダムに合わせて仕様変更したもの。
口径は280mm。

グリップが可動します。

ビーム・ライフル、ニュー・ハイパー・バスーカとも、設定色は白・銀ですが、塗るのが大変なので、成型色のままにしています。


画像

左右のファンネルラックの基部には『ビーム・サーベル』を収納しています。


画像

ビーム・サーベルは上下にビーム刃を生成可能なカスタムタイプ。

左腕のホルダー内にも予備を装備している設定ですが、キットでは再現されていません。


画像

『フィン・ファンネル』は、左右の上一つずつのみ、取り外して変形させることが出来るようになっています。
下二つは、連結した形のまま固定。

開放型のメガ粒子加速帯と小型のジェネレーターを内蔵し、攻撃やビームバリアの展開に用いることが出来ます。

下二つのファンネルの箇所には、可変タイプのファンネルを取り付けることも可能です。
つまり、Hi-νが3体あれば、全て可変にすることもできるということ・・・。



以上、Hi-νガンダムでした。

概ね満足なキット。
これ以上を望んだら、たぶん価格が跳ね上がりすぎるでしょうね。

可動は良好。
首周り以外はストレス無く動かせます。
スタイル的に、背部のフィン・ファンネルにより、後ろに倒れそうになることはあります。

部分塗装箇所としては、機体各所のスラスターの銀色や、プロペラントの付け根等。
ライフル、バズーカに関しては、自分は気にしません。

機体やシールドなどの白・青はパーツでしっかり分けられています。
合わせ目に関しても、モールドとなるように配慮されています。



web拍手を送る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
自分はHi-νガンダム=Gジェネ以降かα外伝以降のアムロ機最強の認識なので長らく待っていました、MGはでかいので…。
ファンネルはν-HWSと互換性ありますか?色は別にして

今思いついた、二つでミキシングビルドしたい。
と云うことで買ってきます!!!
京馬
URL
2009/06/13 10:06
完成おめでとうございます!Hi-νガンダムも伊達じゃないですね!
いつか購入して作ってみたいです。
来月に発売される天翔竜 孔明νガンダムの翼の部分をライトブルーで塗るかスカイブルーで塗るか悩んでいましたが、今回のキットの成型色がスカイ
ブルーだったので、スカイブルーにしようと思います。
銀の牙
2009/06/13 12:24
やっぱりHi−νガンダムも伊達じゃないですね。それと何年か前にνガンダムの発展型として採用されたんですよね。
ジャッキー・カン
2009/06/13 20:15
>京馬さん

Hi-νと、νガンダムのファンネルですが、残念ながら互換性はありません。
ファンネルラックなどの形状等も違うので、ミキシング、頑張ってください。
アーサン
2009/06/14 09:44
>銀の牙さん

天翔竜 孔明νガンダムは私も購入予定です。
翼は、とりあえず塗り易かったり、塗らずに済めば助かるなぁ、と願っています。
アーサン
2009/06/14 09:53
>ジャッキー・カンさん

インストでは小説版の設定が採用されていまして、Hi-νは、機体としては設定が固定していないようですよ。
アーサン
2009/06/14 09:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HGUC Hi-νガンダム アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる