アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダムエクシア イグニッションモードを買ってきました

<<   作成日時 : 2009/07/23 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

電池も忘れずにね



画像


MG ガンダムエクシア イグニッションモード

を買ってきました。


初回限定特別価格ということで、通常希望小売価格税込み6,825円のところ、今なら5,250円となっています。

キットの内容は通常のMGエクシアの実剣パーツの一部をメッキ化し、LEDユニットと2ndシーズンの冒頭に登場したリペアへの改造パーツが付属しています。



画像

組立説明書は中身以外に表紙も通常版とは異なっています。



ランナー数は14枚。



画像

Aランナーは多色成型。
黄色のパーツはエクシアの胸のエアインテークや襟のアンテナ。
頬の黄色い部分もパーツ分けがされています。

白は膝や腕、足首まわり。
赤は足や腰、GNドライヴを外した際の背中のカバーとなっています。

GNコンデンサのカバーは濃いめのクリアグリーンです。



画像

Bランナーは白。

頭部や武器類です。
立ち姿とコクピット内の刹那がいます。



画像

Cランナーも白。

基本エクシアの外装パーツですが、リアアーマーや太ももに前腕。
GNシールドの白いパーツの位置が気にかかります。



画像

Dランナーは青。

エクシアの肩や武器類です。
こちらも背中とGNシールド、肩アーマーの前後のパーツの位置に注目です。



画像

Eランナーはグレー。

こちらは肩やGNシールドの内側、GNソードの刀身となっています。



画像

FランナーはABS製。

各部関節部分です。
エクシアの足の裏は、HGなどでは赤でしたが、MGではグレーとなっています。

ただそれよりもっと気になるのは、ランナーに書かれた名前が『MG インナーフレーム 1』となっていること。



画像

GランナーもABS製。

腕や手などを含む関節です。

こちらは名前が『MG インナーフレーム 2』となっています。




画像

HランナーもABS製。
名前は『MG インナーフレーム 3』。

股関節やGNドライヴです。

GNドライヴのパーツはアンダーゲートとなっています。



画像

Iランナーは見え辛いですがクリアパーツ。

取り外したGNドライヴを置く専用台座や、GNコンデンサのレンズ状のパーツの内側にはめる円形パーツです。

GNドライヴ台座は立体的な造形にも関わらず、1パーツとなっています。



画像

J1ランナーは、LEDライトユニットの電池蓋です。

ランナーに書かれた名前が『LU-2』となっていますが、これはLEDユニットの略でしょうか。


画像

J2ランナーは銀メッキ。
両面メッキ加工が施されています。

実剣の刀身や、GNソードのライフル部分の銃口、GNドライヴのパーツとなっています。

通常版の同ランナーをメッキ加工したものなので、ゲート跡を補修する必要がありそうです。



画像

Lランナーは多色成型。


半壊した頭部や、先の欠けたGNソードが付属します。



画像

Mランナーはリペア用のマント。

プラスチック製ですが、軟らかい質感のものとなっています。

MG クロスボーンガンダムX-1のナイロン樹脂製のABCマントとは異なります。



画像

ポリキャップはPC-130。
組立説明書を見ると、かなりのパーツが余るので、関節のほとんどがABSパーツを使用していると思われます。

ビームサーベルはSB-8。
GNビームサーベル用、GNビームダガー用に2本ずつ付属しており、1/100のガンダムエクシアなどに付属したものと同じものです。



画像

HGや1/100では合成ゴム製のパーツを使用していた各部のコード状の部分は、MGではホログラムパーツとなっています。

エチレン‐酢酸ビニル樹脂(EVAC)という、ガンプラでは聞きなれない素材を使用しています。


画像

LEDユニットは、GNドライヴ用の胸側、背中側を光らせるために、2個付属します。

前述の電池カバーを締めるためのビスも2個付属します。



画像

シールはカラーシール、マーキングシール、ガンダムデカールが付いてきます。

カラーシールはGNドライヴを点灯させる場合とさせない場合で、胸に貼るものが変わってくるそうです。



その外、LEDユニットを点灯させるために、ボタン電池(LR41)を4個別に購入しました。
最初、うっかり忘れたままレジに並んだところ、購入する段階で店員さんが教えてくれおかげで買いそびれずに済みました。



さて、MG ガンダムエクシア イグニッションモードのキットの中身を見てきましたが、いつものことながらMGはパーツ数が多く、どこら辺に部分塗装が必要なのか今のところ把握できていません。
作りながらゆっくり見ていきたいと思います。

ただ、組立説明書にではGNシールドの裏側を例に挙げ、ガンダムマーカーを使用して、『金属表現をしてみよう!』と勧めています。


エクシアとリペアの組立ですが、簡単な組み替えではなく、コンパチの作る段階からの選択式となっています。
リペアではエクシアの一部パーツを使わなかったり、後々飾っておくことを考えると、最初にリペアで組んで、それからエクシアに組み替えようと考えています。


それ以外の気になる所1ですが、CランナーとDランナーのパーツ配置があります。
腕や太もも、肩パーツがランナー切り替えで変更できそうな位置になっていることを考えると、リペアUも予定しているのかなぁ、と推測したくなります。


気になる所2としては、F、G、Hの関節用ランナーに書かれていた『MG インナーフレーム 1〜3』の名前。
ただ、この種類の関節を使う機体は00の1stシーズンのガンダムしかないのですが、全部が全部同じ構造ではないんですよねぇ。
エクシアに近い関節の機体といえば、外伝のアストレアなので、そちらの方も予定されているのかなぁ、と考えてしまいます。



なにはともあれ、ガンダムエクシアは作る前からいろいろと考えさせてくれるキットです。



web拍手を送る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、都内量販店じゃふつーに買えませんでしたよ?(半泣

8月出荷分も安い値段みたいなので、今ちょっと作るヒマのない私はその頃に買えれば丁度いいような気もします。
買いやすくなってるといいなあ…。

その時は実家に置き去りの、Mk-IIのVer2.0で余ったPC-130を回収してきて再利用しないとです…(変なルール)。
アサギリミスト
2009/07/24 01:40
>アサギリミストさん

やはり人の多いところだと、ハケるのも早いのでしょうかね。
8月出荷分も安いのであれば、そちらに期待ですね。

私も、ポリキャップは以前のものが余っていたら、色が合っていればまずそちらから使いますね。
そして、すべて使い切れた時の達成感。
ただMGの場合、キットによってはポリキャップが違うことがあるので、悩ましい限りです。
アーサン
2009/07/24 08:53
凄い人気ですよね。自分は予約してましたので今日取りに行きますが陳列されてるかな?
無いような気がします。
Custom
2009/07/24 19:12
おっ!?買ったんですか、僕もかいましたよ。
エクシア イグニッションは、脚部のコンデンサの破損シールが2枚しかないはずですケド大丈夫!!コンデンサ破損シールを、反対の内足のくぼみに、はれば足を両方いれかえることにより、リペアを、何度でも再現することができます。気がついていました?ぜひ、参考にしてくださいね〜アーサンは、こいつを、いくらで手に入れましたか?
僕は4200でした。
キケラド
2009/07/24 22:48
スゴイ人気はともかく、「欲しい!」と思ったキットは事前予約でガッチリ入手に限りますね!
店頭では1/100 セラヴィーを手に入れられていないので(どうして?)、MGエクシア イグニッションともどもネット通販で確保しておきました。8月入荷分だったはずのに今日発送してもらえたみたいで、ワクワクして待っているところです
MG Ex-Sの製作とMGエクシアの製作がガチあわないのか心配です〜ガンバッテください
よよよ
URL
2009/07/24 23:29
>>Customさん

私の行くお店では、予約を受け付けていないので、新商品を買いに行く時はいつもドキドキします。
買いに行った時点ではまだまだ在庫がありましたが、この週末には、一気になくなりそうですね。
アーサン
2009/07/25 14:23
>>キケラドさん

リペアの際の両脚の入れ替え、気付きませんでした。
ぜひ参考にさせて頂きますね。

購入金額ですが、キットは3,675円でしたが、ボタン電池代が思いがけずかかってしまいました。
アーサン
2009/07/25 14:27
>>よよよさん

予約できればいいのですが、私の行くお店では受け付けていないので、仕事が終わったら猛ダッシュです。
まだ店頭に並んでおらず、ムダ足に終わることもよくあります。

1/100 セラヴィーですが、今月30日に再販予定のようなので、その時に買えるといいですね。

MG Ex-Sですが、まずは腰から取り掛かっており、そこはできたのですが、まだ記事はできていません。
製作記にすると言った手前、ガンプラと記事の作成を両立死体のですが、時間の使い方が追いついていません。
アーサン
2009/07/25 14:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    ガンダムエクシア イグニッションモードを買ってきました アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる