アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HGAW ガンダムX

<<   作成日時 : 2010/04/18 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ガンダム、売るよ!



画像

TVアニメ『機動新世紀ガンダムX』から、『ガンダムX』です。
パイロットは『ガロード・ラン』や、『ジャミル・ニート』。

「第7次宇宙戦争」と呼ばれた地球連邦軍と宇宙革命軍によって交わされた戦争で、連邦軍が決戦兵器として開発した”ガンダムタイプ”のMSの一体。
革命軍が計画していた「コロニー落とし」への対抗策として、一撃でコロニーすらも破壊してしまうサテライトキャノンを装備する最強のMSとして開発されましたが、本機が完成したことが逆に、革命軍にコロニー落としの遂行を決意させたとも言われています。

戦争終結から15年後、荒廃した地球でティファ・アディールに導かれたジャンク屋兼何でも屋の少年ガロード・ランにより、逃げ込んだ廃工場で偶然発見され、以降ガロードが主に搭乗することになります。


キットの青や紫の成型色がどうにも気になってしまったので、G.F.F.風に水色でまとめてしまいました。

画像

画像




キットのポリキャップはPC-001を使用しており、同様のポリキャップを使用する00のHGシリーズと似た感じの可動となっています。



画像

首関節はダブルボールジョイント。
よく動きます。

胸部ガイドレーザー受信部はクリアパーツで、内部にホログラムシールを貼ります。


画像

肩は水平よりも高く上がります。

肩関節は、前方へ引き出すことが可能です。


画像

肘の曲りは90度強。
二の腕にロール軸。

手は左右とも武器持ち用の握り手となっています。

肩アーマーのグレーのエアインテークはちゃんとパーツ分けされており、ちょっと感動しました。


画像

腹部もボールジョイントで可動し、仰け反りが可能です。

フロントアーマーは中央を切り離せば左右独立して動かせます。


画像

膝の曲りも90度強。

股関節は軸回転します。

アンクルアーマーは、足首関節の外側にボールジョイントで接続する、珍しいタイプです。



画像

武器は『シールドバスターライフル』。

画像

スコープ部分には、シールの余白(余緑?)を切り出して貼っています。


画像

武器と防具の機能を合わせ持っているため兵器としては通常のMS用のものの三倍の強度を持ちます。


画像

実はライフルモードとシールドモードは差し替え変形とかではなく、まったくの別物。

2丁持ちなんかもできちゃいます。


画像

サテライトシステムからのエネルギー充填は、サテライトシステムの下部に装着して行います。

ライフルモードのシールドバスターライフルからグリップを取り外し、スコープ部分を畳んで取り付けます。



画像

『大型ビームソード』はサテライトキャノンの基部にマウントされている近接戦闘用の斬撃用装備。
サテライトシステムのエネルギーを使用することができ、その出力も極めて高く設定され、一撃でMSを両断できるほどの威力を持ちます。

ビーム刃はクリアグリーンの物が付属しており、表面をスポンジやすりで荒らしています。


画像

サテライトキャノンに装着したまま、抜刀ポーズをとらせることも可能です。



画像

『ショルダーバルカン』は陸戦に対応するため、他のMSのものを流用して増設した武装です。



画像

すべての武装を装備すると、バックパックはこのような状態になります。



画像

そして、ガンダムXといえば『サテライトキャノン』。

コロニー殲滅兵器として開発された超高出力砲で、それをMSが運用できる大きさまで小型化したもの。
月面のマイクロウェーブ送信施設で発生させたスーパーマイクロウェーブを背部のリフレクターに収束させ、充填したエネルギーをダイレクトに発射することが可能で、一瞬にして広範囲を殲滅します。

銃口部分はスライドし、グリップも可動します。


画像

サテライトシステムは可動可能ですが、リフレクターの向きを変えるのは差し替えとなります。

リフレクターの基部には肉抜き穴がありますね。


画像

リフレクターの鏡面部には、付属のホログラムシールを貼っています。



画像

リフレクターは反発力を発生させることが可能で、ホバーリングモードにすれば機体を長距離ジャンプさせることができます。
システム全体を後方に展開し、砲身を下方にセッティングすることで、機体の機動をコントロールします。



画像

全部の武装を外したバックパックがこちら。

上下4か所に接続用パーツがあり、キットのランナー配置も含めてディバイダーの発売も期待できます。



以上、ガンダムXでした。

作る前は可動をあまり期待していなかったのですが、大型ビームソードを抜刀できるのを見て考えを改めました。

今回はG.F.F.風に塗るということで、キットの青と紫のパーツをスカイブルーで塗ってあります。
昔の1/100のキットでは紫のパーツが水色のメッキパーツだったっていうイメージがあるからか、HGAWのでは違和感を感じてしまうんですよねぇ。

その他、シールドバスターライフルの縁もスカイブルーで塗ったり、手の甲を白、サテライトキャノンの銃口をミッドナイトブルーで塗ってたり、スラスター内部をメタレッドで塗り分けたりしています。

リフレクター部分にはホログラムシールが付属しますが、パーツ自体にはちゃんとモールドが入っています。

けっこうおススメできるキットだと思います。



関連ページ
HGAW ガンダムXディバイダー







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ディバイダーは?
ジャッキー・カン
URL
2010/04/18 21:05
>>ジャッキー・カンさん

今回のキットはガンダムXだけですからね。
ディバイダーは発売するかは未定です。
アーサン
2010/04/19 16:32
アーサンさんのブログジャッキーのブログにリンク貼っても宜しいでしようか?またジャッキーのブログの方は本館・別館共にリンク貼っていただいてもOKです。
ジャッキー・カン
URL
2010/04/21 20:46
あぁ!私も買いましたよ^^さすがにディバイダーは・・・ね・・
ですがHGAWのAWがガンダムXの時代の名前ならありえますが・・それなら敵キャラもほしいですね・・・私は・・イフリートナハトが欲しいな・・・
宇宙世紀なのにさ・・・HGUCなのにさ・・・
ダブルエックスは出るなら2100円ぐらいでしょうかねーっ出してくださいよっ!!バンダぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああィイ!!!!!!!!!!
あとイフリートシリーズならなんでも!!
FREED96
URL
2010/04/22 18:50
>>ジャッキー・カンさん

こちらはリンクフリーですので、ご自由に張って頂いて構いません。
こちらからのリンクは、プラモレビュー関係以外はリンクページからとなりますが、リンクの確認がとれ次第、張らせて頂きます。
アーサン
2010/04/23 15:34
>>FREED96さん

AWは、ガンダムXの作品内で使われている、戦後○年を意味する、After Warの略ですね。
このHGAWシリーズが仮に売れ続けたら、私はガンダムアシュタロン・ハーミットクラブが出てほしいですね。
一度も立体化されなかっただけに、何年先になるか分かりませんが。
アーサン
2010/04/23 15:39
アーサン作るのが上手です! スゴイですぅ!
fuuuu!!
2010/04/27 15:36
>>fuuuu!!さん

どうもありがとうございます。
今回は色がきれいに塗れました。
アーサン
2010/04/28 13:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HGAW ガンダムX アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる