アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 1.5ガンダム

<<   作成日時 : 2010/05/22 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

見つけた・・・これがボクをよぶもの・・・ガンダム



画像

『機動戦士ガンダム00』の外伝、『00I』から、『1.5ガンダム』です。
パイロットは『レイヴ・レチタティーヴォ』。

数字をアルファベットとして読ませる形を採用しており、1.5ガンダムと書いて、『アイズガンダム』と読みます。

1(アイ)ガンダムは、ヴェーダのミッションプランとして用意されていた「イノベイドによる武力介入」に使われるはずだった機体ですが、実際には人間のガンダムマイスターが採用されたために、この機体は不採用になります。

ガンダムアストレアタイプ-Fとの死闘を演じ、深刻なダメージを受けてしまいますが、後に改良を受け、1.5ガンダムへと生まれ変わります。
新たに装備された背部のバインダーは、攻撃と防御の両面で運用可能な万能装備になっています。

キットはリボーンズガンダムの流用となります。

画像

画像




画像

首関節はダブルボールジョイント。

リボーンズガンダムと全く同じような顔をしていますが、新規パーツとなります。


画像

腕は水平よりも高く上がります。

肩関節は引出機構になっています。


画像

肘の曲りは90度弱。

リボーンズガンダムは腕の途中からも極端に曲りましたが、1.5ガンダムではそれほど曲りません。

二の腕と前腕の紫の部分ににロール軸があり、手は左右とも武器保持用の握り手のみとなります。


画像

胸部にも可動個所があり、ここから仰け反りが可能です。

腰は360度回転。


画像

フロント、サイド、リアのアーマーは可動します。

フロントは最初から、リアは中央から切り離せば、左右独立して可動します。


画像

膝は正座ができるくらい曲ります。

膝の黒いパーツは、膝の曲りに合わせてスライドします。


画像

足首の他に、リボーンズガンダムの変形機構を引き継いでいるため、つま先とかかとも可動します。


画像

バインダーはGNドライヴ[T]との接続部が回転し、アームは2か所で可動します。





画像

それでは、1.5ガンダムの武器を見てみます。



画像

『GNバスターライフル』は、リボーンズガンダムが装備しているものと同型のもの。
強力な粒子ビームを発射します。

手と腕の2箇所で保持します。



画像

『GNシールド』は、ガンダムエクシアのシールドに類似した形態をしていますが、大きさはこちらの方がかなり大きいです。
Eカーボン素材で、表面にGNフィールドを展開します。

GNシールドは、肘のGNコンデンサにて保持します。



画像

『GNビームサーベル』は、ビーム刃を持つ近接戦格闘兵器。
発生器は両腕部に装備されています。

ビーム刃は透明なものが1本付属し、表面をスポンジやすりで荒らした後にクリアオレンジで塗装しています。


画像

GNシールド装備時、左腕のGNビームサーベルはシールド内側に装備されます。



画像

さて、1.5ガンダムの最大の特徴である背部のバインダーですが、可動させることで様々な形態になります。

通常の大きく後ろに伸ばした形態は『ハイスピードモード』。
疑似太陽炉から放出されるGN粒子を効率的に制御し、高速飛行を実現します。



画像

バインダーを折る形に展開した『フライトモード』。
飛行翼とすることで、空中での安定飛行を可能とします。



画像

『アタックモード』はバインダーを右側面に集中させます。
バインダーの粒子コントロール能力をライフルのビームにも運用することができ、威力が増大するだけではなく、ある程度の曲射を行うこともできます。
更に、右側面からの攻撃を防ぎながらの攻撃が可能となります。



画像

また、バインダー内にはビームライフルも格納されているので、両脇から地上攻撃用にバインダーライフルを展開して運用することができます。



画像

バインダーユニットを両肩上部に展開した形態が『アルヴァアロンキャノンモード』。
アルヴァアロンに装備されていた巨大粒子ビーム砲と同一のシステムですが、膨大な量の粒子を消費するため、起動時に一度しか発射できません。



画像

バインダーを右側に集めた『スタンバイモード』からは、すぐにアタックモードへと移行することができます。


画像

左側に集めたスタンバイモードは、防御にシフトしています。





●1ガンダム
画像

1.5ガンダムから、バインダーを外すことで1ガンダムになります。

ヴェーダがイノベイドによる武力介入のために設計したガンダム。
汎用機であり、遠距離砲撃機のGNキャノンなどと組ませて運用します。

実際には、ツインアイの色が1.5は緑、1は赤であり、キットにはそれぞれのシールが付属します。

画像




画像




画像




以上、1.5ガンダムでした。

流用キットではありますが、腕や足の白と灰色のパーツに面影を残すだけで、新規造形のパーツも多く、まるで新規キットのようです。
ただ、使用せずに余るパーツも多くあるので、やっぱり流用は流用なのですが。

可動は優秀。
元になったリボーンズガンダムに変形機構があったため、その恩恵が1.5ガンダムにも表れています。

色分けは頑張っているのですが、シールドの裏側の灰色や、ビームサーベルのオレンジ等、足りない色もあります。
機体各所の黒いラインはシールが付属するのですが、足りていません。

胸部や腕部のGNコンデンサのクリアパーツは、クリアパープルで塗っています。
かかとの白は塗り忘れました。

結構、いいキットだと思います。



関連ページ
HG 1/144 リボーンズガンダム







ちなみに、”バンダイ”から”アイズ”ガンダムが出ると聞いて、”会津磐梯”だと思ったのはここだけの話。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モンクレール レディース
HG 1/144 1.5ガンダム アーサンの雑記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
モンクレール レディース
2013/11/27 22:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アイズガンダム・・・
僕と同じか上の世代のジャンプ読者だと、どうしても「尻部分のディティールが凄いのか?」とか思うはずw・・・
・・・
あぁ、僕だけですか。そうですか。w

リボガンでの奇抜さを抜いたのが良い感じですね。ただ、ときた先生のブログとかでも言われてるように、色合いとバインダーのせいでたまにHi-νっぽいですw
にゃご
2010/05/24 17:35
>>にゃごさん

日本一のパンツ描きですね。

スタンバイモードだと、νっぽさもあります。
アーサン
2010/05/25 11:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 1.5ガンダム アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる