アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 ガンダム アヴァランチエクシアダッシュ

<<   作成日時 : 2010/06/29 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

オレがモレノと、ガンダムで飛ぶ!



画像

『機動戦士ガンダム00V戦記』から、『ガンダム アヴァランチエクシアダッシュ』です。
パイロットは『刹那・F・セイエイ』。

ガンダムエクシアに高機動用追加ユニットを装着した特殊装備タイプがガンダム アヴァランチエクシア。
「アヴァランチ(雪崩)」とは、一瞬で通り過ぎ、通過した場所にいる全ての物を飲み込んでしまうことから名付けられました。
各部にGN粒子コンデンサーを装着し、コンデンサー内に蓄えたGN粒子を一気に放出することで、通常時を大きく上回る運動性を発揮します。
その一方で、出撃一時間前から各部コンデンサーにGN粒子をチャージする必要がありました。

アヴァランチを装着した状態で、エクシアの武装のすべてを使用可能であり、さらには同一の武器でも高機動によるスピードを生かすことで、貫通力や破壊力が高くなります。

キットは通常のアヴァランチとアヴァランチダッシュの選択式であり、まずはアヴァランチから。

画像

画像




画像

ダッシュとの違いは膝の構造。

ふくらはぎのGNバーニアは上下に可動します。



画像




●ガンダム アヴァランチエクシアダッシュ
画像

そして、脚部にダッシュユニットを追加したのが、ガンダム アヴァランチエクシアダッシュ。

ダッシュユニットを装備することで、アヴァランチエクシアは宇宙でも対応することができます。

脚部のダッシュユニットが長いため、立たせるとつま先立ちになります。

画像

画像




画像

頭部はエクシアそのまま。

胸部の黄色いエアインテークは新規パーツです。


画像

肩アーマーは丸ごとアヴァランチの新規造形となります。

肩アーマーのパーツが展開するので、腕は普通に上がります。


画像

腕にも追加パーツ。

手は左右の武器握り手と左平手でエクシアのままです。


画像

フロントアーマーも新規パーツ。

中央で切り離せば、左右独立して動く構造です。


画像

後ろのアーマーは、上からかぶせます。

追加パーツは上下に可動します。


画像

膝のダッシュユニットは後部パーツも大きく展開します。


画像

背中にはウエポンアームにより、エクシアの武装を装備します。

ウエポーンアーム装備用に、GNドライヴを除く背中パーツが新規造形になります。



画像

武器はエクシアと変わらずGNソード。

腕の構造の関係で、装着部分が斜めになっています。


画像

GNソードのライフルモード。



画像

GNロングブレイドとGNショートブレイド。



画像

GNビームサーベルとGNビームダガーは背面に装備。

抜刀っぽいポーズはできますが、肘の可動範囲から、ここまでしか曲がりません。

キットには、刃とグリップが一体となった白い成型色のビームサーベルが1本だけ付属します。
グリップ自体には、00シリーズの他キットの平たいビームサーベル刃を取り付けることができます。


画像

内側のサーベルグリップの装着部が、上下に可動します。



画像

ダッシュユニットの先端にはGNクローを装備しています。

格闘戦時には、微弱ながらGNフィールドを展開し、破壊力を高めることができます。


画像

GNクローの展開は差替え式で、使わない方のクローは付属の台座に収納しておくことができます。


画像

クロー中央にビームサーベルを内蔵していると設定されており、他キットのサーベル刃を取り付けることができます。


画像




●GN粒子最大開放
画像

『GN粒子最大開放』は、近距離での機動性を上げる形態で、バトルフィールド内へGN粒子を高濃度に散布して、自身にとって有利な戦場とします。
ダッシュ装備のエクシアがトランザムを使用した場合には、この形態をとります。

画像

ここで得られたデータは、後にトランザム中の戦闘戦術データのベースに生かされました。



●高機動モード
画像

『高機動モード』は、肩、膝、脚部先端に装着されたパーツを本体重心部から大きく展開、内部に蓄えた粒子質量を変化させることで、AMBAC能力を高めることができます。
宇宙空間での格闘戦に特に威力を発揮し、粒子消費することなく、高速で細かい動きが可能となります。

画像



画像



画像




●高速移動モード
画像

『高速移動モード』は、アヴァランチダッシュ装備の高速移動能力を最大限に発揮する、全身のバーニアを全開にしたモード。


画像

地上で運用する場合には、肩と腕のパーツを一体化させ、空気抵抗を減らしますが、宇宙で運用するダッシュの場合は、その必要はありません。


画像




以上、ガンダム アヴァランチエクシアダッシュでした。

以前発売された1/100のアヴァランチエクシアでは、サイズが大きいこともあり、細かくパーツ分けされていましたが、1/144ではそこまでできなかったようですね。

具体的には、アヴァランチダッシュユニットの黄色い部分の半分以上は塗装が必要になります。
腰アーマーの白い部分も塗装となります。
それ以外の塗装箇所は通常のエクシアに準じます。

可動に関しては、部分部分はいいのですが、全体的にボリュームがあるので、肩や脚が他のパーツと干渉しますね。

キットはアヴァランチとダッシュの選択式ですが、肩と腕をつなぐベルトパーツが付属しないため、通常のエクシアを組むことはできません。

いい感じにゴテゴテした素敵なキットです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ずわーーーっっ!!また凄いボリュームですねぇ

ダブルオーザンライザー .plus セブンソードとどちらが重い(=強いw)のでしょうねえ?!
さぞ撮影も大変だったことだろうと、思慮いたします。乙!です

GNアームズじゃなくて、アヴァランチ系の装備が間に合ったら、ファーストシーズンもジンクス相手に翻弄されずに済んだのでしょうねえ〜。ダブルオーの外伝的な商品展開は面白ろ美味しいですね!!
よよよ
URL
2010/07/02 23:55
>>よよよさん

前後左右に加え、上にもボリュームがありますよぉ。

今回は写真の順番通り、アヴァランチを組んでからダッシュに組み替えたのですが、撮影中は背中の剣がポロリしたり、剣の角度がずれているのに撮ってから気付いたりといった具合でした。

エクシアもバリエーション機が多数発売されましたからね。
最初の頃に比べ、パーツのバリが目立つようになってきました。
アーサン
2010/07/03 21:12
ソソラレっぱなしだったので、先日久しぶりに新作(期間中)に買っちゃいました〜
これは美味しいキットだ〜〜!!

HG級のエクシアは初購入(!?)だったので、まずはアヴァランチエクシアダッシュの余剰パーツで、素直にエクシアを作るぞーー!と意気込んでいます
。。こんなこと、フツーはしないだろうなぁ
よよよ
URL
2010/07/14 17:50
>>よよよさん

ベルトなしのエクシアはできますが、アヴァランチ及びダッシュへの組み替えが手間が掛かるので、その辺が大変そうですね。
R2とのニコイチも面白そうです。
アーサン
2010/07/15 16:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 ガンダム アヴァランチエクシアダッシュ アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる