アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HGUC デルタプラス

<<   作成日時 : 2010/09/12 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

どんな「心」で、≪デルタプラス≫と呼ばれる≪わたし≫を操ってくれるのだろうか―――。



画像

OVA『機動戦士ガンダムUC』から、『デルタプラス』です。
パイロットは『リディ・マーセナス』。

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した量産試作型可変MSで、≪百式≫が目指していたTMSとしての開発プランを洗いなおしつつ、≪百式≫自身が実戦で培った豊富な運用データに加え、Ζ系MSの技術を再投入したことで、長い時を超え、改めて完成を見ました。

量産試作機として少数が生産され、その内の一機は地球連邦宇宙軍の独立機動艦隊、ロンド・ベルに補充機体として配備されます。
配備当時の主力量産機とは一切の互換性を持たない規格外の試作機ではありましたが、その性能もまた、規格外の高さを示します。

画像

画像




画像

首関節はボールジョイント。
襟が多少干渉します。

百式とΖ系を足し合わせたような顔をしています。

カメラアイのシールは赤と青の2種類が付属し、選択するようになっています。


画像

腕の上がりは水平には少し足りない程度。
肩アーマーは腕の接続軸に取り付け、外側に動くようになっています。


画像

肘は90度とちょっと。
二の腕にロール軸。
手首はボールジョイント。

手は、穴の開いていない左右の握り手と、右のライフル持ち手と、サーベル持ち手が付属します。


画像

腰はボールジョイント。

灰色のフロントアーマーは、中央で切り離せば左右独立して動く構造ですが、小さい上に腿と当たることもないので、切ってはいません。


画像

膝は二重関節で150度ほど曲がります。

足首も二重関節。
変形機構の関係で、つま先が可動します。


画像

廃部のフレキシブル・バインダーは翼部分が可動。
上の方にはウェイブライダー時に使用する小さい翼が収納されています。



画像

それでは、デルタプラスの武装を見てみます。


画像

『ビーム・ライフル』は連邦軍の代表的なMS用兵装。


画像

デルタプラス専用携行火器も存在しますが、ロンド・ベル配備時はビーム・ライフルのEパックの規格問題により、すでに配備済みであったリゼルのビーム・ライフルを流用しています。



画像

近接戦闘用兵器『ビーム・サーベル』。

クリアブルーのビーム刃が2本付属しますが、持ち手、グリップとも右手1本分しかありません。

ビーム刃の表面は、スポンジやすりで荒らしてあります。


画像

ビーム・サーベルの発振器はシールドに2本収納装備されている設定ですが、キットでは取り外しはできません。


画像

収納状態から直接ビーム刃を発振させることが可能となっていますが、これもキットのままではできなかったので、ピンバイスで穴を開け、取り付けられるようにしました。


画像




●ウェイブライダー
画像

差替変形でMS形態からウェイブライダー形態に変形させられます。

単独での大気圏突入能力を有し、1G重力下での飛行能力を持ったウェイブライダー形態時には、メインスラスターが腰部から脚部へ移行し、航宙・航空を問わず圧倒的な直線機動を生み出すマルチロールファイターへと変貌します。

MS形態時の上半身の大部分のパーツが余ります。

画像

画像




画像

差替変形のため非常に薄く、プロポーションを確保しています。


画像

機首部分となるシールドは先端に固定式のビーム・キャノン1門と2連装グレネード・ランチャー、前述のビーム・サーベルを有し、センサーとして機能するなど、変形用サブユニットの意味合いが強いです。



以上、デルタプラスでした。

百式っぽい可変機という、非常にいいツボを押さえた機体です。

キットとしては、元々の色合いが地味なこともあり、パーツの色分けは高いです。
ただ、機体各所のスラスターの内側やライフルの一部など、白の塗装が必要な箇所があります。

可動はよく動きますし、スマートな体型のためにポーズが決まります。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしい機体ですね。これ見ると変形機能が百式に採用されなかったのは残念に感じます。
ジャッキー・カン
URL
2010/09/12 21:53
>>ジャッキー・カンさん

百式はフレーム強度不足で結局変形できなかった機体ですからね。
その後、技術が向上したことでようやく可変機として完成することができました。
アーサン
2010/09/13 21:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HGUC デルタプラス アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる