アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HGUC シナンジュ

<<   作成日時 : 2010/10/31 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

また敵となるか、《ガンダム》・・・・・・!



画像

OVA『機動戦士ガンダムUC』から、『シナンジュ』です。
パイロットは『フル・フロンタル』。

アナハイム・エレクトロニクス社の貨物船団から強奪された『UC計画』の試作MSの1機で、『袖付き』のフラッグシップMS。
もともとはサイコフレームの強度・追従性をテストするための機体でしたが、背面と脚部側面にセットされた大型のフレキシブル・スラスターと全身に配されたスラスター群により、驚異的な機動力を誇ります。

今回は以前作ったチタニウムフィニッシュVer.を意識して、メタリック塗装をしてみました。

画像

画像



画像

首はボールジョイントと関節基部が動くので、上下左右によく動きます。

モノアイには可動ギミック等は無く、ジュエルシールに交換しています。
スラスターとエングレービング部分はゴールドで塗装。


画像

腕は水平よりも高く上がります。

肩アーマーとスパイク部分も可動します。


画像

肘は90度ちょっと可動。
二の腕にロール軸。


画像

腰はボールジョイント。

フロント、リア、サイドの各アーマーは可動し、フロントとリアは中央で切り離せば左右独立して動きます。

腰や首、腕のパイプはシルバーで塗装。

画像

膝は170度くらい。

足首はよく動くのですか、足首の外側の装甲が長いので、外側には大きく開けません。


画像

サイドとふくらはぎのスラスターが可動します。

バーニア類は内側をゴールド、外側をメッキシルバーで塗装。


画像

背部のフレキシブル・スラスターの上下のカバーは展開可能。
プロペラントタンクの接続はボールジョイントです。

プロペラントタンクはパール塗装で、先端の赤いラインはメタリックテープです。
パーツにはなぜかラインのモールドがありません。


画像




画像

それでは、シナンジュの武器を見てみます。


画像

ビーム・ライフルは専用開発されたもので一般のものに比べて高出力ではあるものの、特殊な機能は備えてはいません。
後部スコープ部分が可動します。

ビーム・ライフルの持ち手は右手のみです。

前方のスコープのレンズ部分はジュエルシールを使用しています。
その分キットのレンズパーツが余るので、そちらは後部のスコープに流用。


画像

シールド裏に装備されたグレネード・ランチャーを銃身下部に装着可能です。


画像

また、ライフルは専用パーツで腰部にマウントできますが、スコープは外します。



画像

シールドは強奪事件後に『袖付き』の紋章をモチーフにした形状に改められたもの。

シールドのエングレービングはシールを使用しています。


画像

マウントパーツで2箇所に取り付け可能です。
MGのように肩アーマー内にアームには無いので、取り付けギミックも無し。

裏面に2基のビーム・アックスとグレネード・ランチャーを装着しています。

シールド裏側はグレーで塗装。


画像

ビーム・サーベルは前腕部に収納装備されている設定ですが、キットではサイズ的にオミット。

グリップ、ビーム刃ともに2つ付属します。
サーベル持ち手は左右あります。


画像

ビーム・アックスはシールド裏に装着されていたものと手持ち用のものとは別パーツになります。


画像

ビーム刃は短いものと高出力モードの2種類が付属。


画像

ビーム・アックスを連結し、ビーム・ナギナタとしての使用が可能です。


画像

シールド裏のアックスの位置を付け替えて、シールドからのビーム・アックスの発振も再現できます。

ビーム刃はすべて表面をスポンジヤスリで荒らしてあります。


画像




以上、シナンジュでした。

可動は極めて良好。
武器類、特にビーム刃が大量に付属しますので、遊び甲斐があります。

塗装に関しては、今回がっつり塗ってしまいましたが、よく色分けされています。
エングレービング部分を除くとしてですが。

部分塗装するとして必要そうなところは、頭部バルカンやシールド裏、機体各所やプロペラント先端のスラスターのグレーと言ったところでしょうか。

最後に、今回使用した色類を少々。
基本的には市販のものを使用しているだけなので、カラーレシピなどはありません。

・白:パールホワイト(スプレー)
・黒:ブラック(スプレー)
・金:ゴールド・・・スラスター・バーニア内側(スプレー)/本体エングレービング(ガンダムマーカー)
・銀:シルバー・・・パイプ(スプレー)/バーニア外側(メッキシルバー・ガンダムマーカー)
・灰:ダークグレー(水性ホビーカラー)
・赤:シルバー → シャインシルバー → クリアオレンジ → クリアレッド

赤はメインの色なので、気合いを入れて塗り重ねています。

また、関節や武器類の仕上げはトップコートのつや消しですが、それ以外はスーパークリアの光沢を使用しています。




関連ページ
MG シナンジュ〔Ver.Ka〕 チタニウムフィニッシュ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
チタニウムフィニッシュ調なメタリック塗装がカッコイイですね!

自分はまだ購入を迷いつつ、買っていませんが、武器も多く付いていて遊び甲斐がありそうですね^^
ソラ
2010/10/31 17:12
>>ソラさん

そう言っていただくと、シンナー臭で気持ち悪くなりながら塗った甲斐があります。
シナンジュは買っても損の無い一品と思いますよ^^v
アーサン
2010/11/01 15:38
一瞬何かのイベント品かと思いました。
チタニウム風いいですね!
MGのチタニウムフィニッシュもかなりかっこよかったですよね。
赤いMSはメッキとかエクストラフィニッシュがよく似合います。

僕も今HGUCシナンジュを作っていますが、金縁塗装始めたら結構大変な目にあっています。
水影
URL
2010/11/02 02:12
>>水影さん

メッキ塗装をしてみて、塗り方のコツとかが少し分かった気がするので、他のキットでも活かしてみたいです。

HGUCのエングレービングは、MGよりも細かいので大変ですよね。
私も写真には写らない範囲で胡麻化したりしています。
アーサン
2010/11/04 13:08
なんと、まさかメタリックにしてしまうは、
まさにHGUCのサザビーのロイヤルコーティングのようですね★さすがアーサンです!
このシナンジュは金色に光るエングレービングが印象的で背部の大型スラスターが「通常の3倍」を物語っているかのよう、非常に印象的であり迫力が大きいキットでしたね。私も正直驚きましたよ(汗)
HGUCの進化は止まりませんね・・
FREED96
URL
2010/11/04 23:34
>>FREED96さん

仕上げのクリアがキモでした。
赤黒金白の鮮やかな配色が非常に豪華さを演出していますね。
アーサン
2010/11/05 14:45
メタリックレッドのシナンジュ、良く塗装されてますね〜
私もいつか作ろうかな?と考えてます。
ユニコーンの試作機なので、白いシナンジュにしたいです。

本田 寛
2010/11/07 19:52
>>本田 寛さん

シナンジュは袖付きに奪取された後、改修されてシャアの再来用に赤く塗られた機体ですからね、元がどんなだったか気になります。
今回のホワイトパールのスプレーがまだ残っているので、私はユニコーンにでも使ってみようと思っています。
アーサン
2010/11/08 11:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HGUC シナンジュ アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる