アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HGAW ガンダムXディバイダー

<<   作成日時 : 2011/01/08 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

何も考えずに走れ!


画像

TVアニメ『機動新世紀ガンダムX』から、『ガンダムX』です。
パイロットは『ガロード・ラン』や、『ジャミル・ニート』。

対ベルティゴ戦で主要兵器のサテライトキャノンとバックパックユニットを破壊されたガンダムXを改修した機体。
決戦兵器としての戦略級の破壊力は喪失したものの、新装備”ディバイダー”により戦闘時の攻撃、防御能力が向上したのみならず、”ホバリングモード”時にはバックパックの大型可動スラスターと相まって、機動性も大幅に強化されており、MSとしてのスペックはむしろパワーアップしています。

キットは以前発売された「ガンダムX」からサテライトキャノンのパーツを省いて、ディバイダー関連のパーツを追加したもの。
本体部分の成型色も青みが増したものとなっています。

今回はガンダムX本体は前回作ったものを使用し、それに合わせてディバイダーの色も塗り替えています。

画像

画像




画像

ガンダムX本体の改修点はバックパック。
既存のバックパックの上に新規パーツを被せ、そこにビームソードの基部とエネルギータンクを取り付けます。

その他、ビームマシンガン用の右握り手と、左平手が追加されています。



画像

武装も変更され、『ビームマシンガン』を装備しています。

ビームマシンガンは2門のマズルとツインセンサー、トリプルチャンバーを装備するビームライフル。
複数のユニットの部材を組み合わせることで、チャージと射出のサイクルを短縮して機関砲のようなビームの連射を可能としています。


画像




画像

『ハイパーバズーカ』はオルクとの戦闘時に使用されたもの。

主に魚雷の射出に使用されましたが、各種弾頭を運用することも可能です。


画像




画像

『大型ビームソード』はサテライトキャノン用のコンデンサーや増幅器を回収、修繕して組み込んだもの。

専用ドライバが組み込まれているため、フルパワーで使用できるのはガンダムXのみです。


画像

ビーム刃はガンダムXに付属したものと同じですが、ディバイダーでは2本付属しています。



画像

そして、『ディバイダー』。

MA用スラスター2基と、3連砲ユニットを6基内装する多連装ビーム砲にシールドを組み合わせたもので、シールドを展開した状態でビーム砲を撃つことができます。

展開状態は差替変形となっています。


画像




画像

また、ディバイダーを背部の専用ジョイントに装着することでホバリングモードとなります。

ホバリングモードでは高速での長距離移動のほか、空中戦にも対応可能となります。


画像



画像


画像


画像




以上、ガンダムXディバイダーでした。

リデコキットではありますが、作中でも改修機であり、キットも当初からランナースイッチ込みのパーツ構成が考えられていただけあり、全体的によくまとまっています。

色はちょこちょこスカイブルーで塗りましたが、それを差し引いても部分塗装箇所は多いです。
ビームマシンガンは、箱の写真と成型色は全然違います。

ディバイダーの内側は箱の写真を見ると白くなっていますが、成型色は紺色です。
でも、旧キットでは暗い色だったのでそのままにしています。



関連ページ
HGAW ガンダムX







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしい再現力です
ジャッキー・カン
URL
2011/01/09 16:06
>>ジャッキー・カンさん

通常のXかディバイダーか、どっちも持ってないならどちらを買おうか悩むところですね。
アーサン
2011/04/17 11:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HGAW ガンダムXディバイダー アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる