アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HGUC ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)

<<   作成日時 : 2011/04/17 12:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

俺は・・・・・・往くよ!



画像

OVA『機動戦士ガンダムUC』から、『ユニコーンガンダム』です。
パイロットは『バナージ・リンクス』。

第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)終結後、地球連邦軍の委託を受けたAE(アナハイム・エレクトロニクス)社が極秘裏に開発していた試作MS。
全身が純白色に輝き、頭部に一本角を持つことから、通称《ユニコーン》と呼ばれています。
最大の特徴はフル・サイコフレームを採用していることで、ある一定の条件の下でNT-Dと呼ばれるシステムが発動します。

HGUCでは、ユニコーンモードとデストロイモードは別キットとなっています。

今回は白いパーツはホワイトパールで塗装して光沢仕上げ、その他のパーツはつや消し仕上げで作りました。

画像

画像




画像

付属武器はハイパー・バズーカ。

連邦軍の代表的なMS兵装用の同等品をユニコーンガンダム専用に仕様変更したものです。


画像

フォアグリップを展開し、両手持ちさせることも可能です。


画像

バックパックへマウントさせる際は銃身の一部を取り外して短くし、マガジンも取り外します。

腰には呼びのマガジンを取り付けることができます。



画像

ビーム・サーベルの刀身は2本付属。


画像

バックパック、または両腕から基部を外して取り付けます。


画像

腕の基部は回転してビーム・トンファーとしても使用できますが、キットでは再現されていません。



画像

シールドもユニコーンガンダム専用のもの。


画像

マウントパーツを交換して、腕やバックパックに取り付けます。



画像




以上、ユニコーンガンダムでした。

白いキットでパーツにメリハリがあるので、そのまま組んでも十分いいデキです。

それでも、頭部のバルカンやすねのスラスターの一部など、ちょっとした塗装が必要です。

その他に広い部分としては、シールドの裏側や、デストロイモード時に展開するシールドの羽根部分。

バックパックのビーム・サーベル基部の接続パーツやバーニアなど、成型色の異なるものもあります。

肩や足首の可動はいいものの、膝が90度くらいしか曲がらないのが少し気になりました。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HGUC ユニコーンガンダム(ユニコーンモード) アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる