アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS RG スカイグラスパー ランチャー/ソードパック

<<   作成日時 : 2012/03/06 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

俺は宅配便か?



画像

TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』から、『スカイグラスパー』です。

地球連合軍がストライクの戦術支援用に開発した戦闘攻撃機。
各種ストライカーパックの装備、運搬が可能であり、さらに本機の武装としても運用できます。
作戦行動中の換装もシステム化されており、ストライクは本機と連携することで稼働時間の延長が可能となります。

大型キャノン砲の搭載やG兵器関連技術の導入による火力の向上、操作性の改善など、本機は戦闘機としても非常に高いスペックを達成しています。
各ストライカーパック装備時にはそれに応じて主翼が可変することで空力特性などが最適化され、機動性や運動性を損なうことなく最高のパフォーマンスを発揮します。

パイロットの技量次第ではMSと互角以上に戦うことも不可能ではありません。


RGのキットではソード、ランチャーの2種類のストライカーパックとセットで発売されました。

画像

画像




画像

キットはアクションベース2に対応。

スカイグラスパー側のカバーパーツを外し、専用の接続パーツを使用します。



画像

砲塔部分は上下に、下のドーム型のパーツが左右に可動します。



画像

コクピットハッチは開閉可能。

中のパイロットフィギュアは未塗装のままにしています。
組立説明書ではムウ・ラ・フラガへの塗装が説明されていますが、トールに塗ることもできそうです。



画像

ストライカーパック接続用に黒いパーツが上下に可動するほか、主翼自体も前後に動きます。



画像

ランディングギアは差替式で展開可能。

画像




画像

ソードストライカーは近接格闘戦に特化されたストライカーパック。

敵の艦艇などに直接斬撃を加える対艦刀「シュベルトゲベール」の運用を主目的とする装備ですが、対MS戦闘も可能です。
水中などでビームが使えない場合、背側の“峰打ち”でも“実剣”として充分な効力を発揮します。
投擲用ビームブーメランやロケットアンカーを補助装備とします。


てか、戦闘機で近接格闘戦って・・・。

画像

画像




画像

ソードストライカーパック装着時でもランディングギアは展開可能ですが、機首部分の別物になります。

画像




画像




画像

ランチャーストライカーは遠距離での砲撃戦に特化されたストライカーパック。

大型のビーム砲「アグニ」の運用を主目的とするため、他の装備と比較してエネルギー効率に問題を抱えています。
重量バランスの問題で、機動性が要求される戦闘状況には適していませんが、その破格の破壊力は運用次第では戦局を覆すことも可能です。

画像

画像




画像

ランチャーストライカーの搭載には、スカイグラスパーに専用のパーツを取り付けます。



画像

ランディングギアはソード時と同じ。

画像




画像




画像

画像

キットにはストライカーパックのディスプレイ用パーツも付属し、ストライカーパック単体でも飾っておくことができます。





で、ここからは別売りのRG エールストライカーガンダムとの連動。





画像

まずはエールストライカーを装備。

エールユニットは後部にそのまま取り付けられますが、ビーム・ライフル、シールドは接続パーツを追加して取り付けます。

バランスがかなり後ろに持っていかれます。


”ストライカーパックシステム”とは、地球連合軍がMS用のオプションをトータルシステムとして構築した装備群のことで、高機動戦闘用のエールストライカーパック、近接戦闘用のソードストライカーパック、対艦攻撃用のランチャーストライカーパックなど、特定の戦術に沿った武装や補助推進器などを複合した換装型のバックパックや追加装備として供給されます。

機体背面に専用のコネクタを持つMSに、状況に応じたストライカーパックを装備することで、あらゆる用途や状況に適応可能となる他、ほとんどの装備には大容量のバッテリーも内蔵されており、MSの稼働時間や武装の運用頻度を延長または強化することができるようになります。

画像

画像




画像

こちらのランディングギアもソード、ランチャーと同じ。

画像




画像

ソードストライカーガンダム。

肩のユニットは前後上部に3分割でき、ストライクの肩パーツを挟み込むように取り付けます。

画像

画像




画像

ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」は先端のクローが展開し、目標の捕縛や破壊が可能です。
左腕の基部ユニットは、対ビームコーティング処理が施されたシールドとしても機能します。

キットでもクロー部分が展開可能。
射出形態はリード線で再現されます。


画像

ビームブーメラン「マイダスメッサー」は大容量ビームコンデンサーを内蔵し、ビームサーベルと同様のシステムを搭載する投擲兵器。
ビームを展開したまま弧を描いて飛翔し、軌道上の標的を切り裂いて手元に戻ります。

キットにはピンクのビーム刃が付属します。

武装類はRGストライクガンダムの可動指手首でも持たせることができますが、スカイグラスパーのキットには武器保持用の握り手が付属していますので、今回はそちらを使用しています。


画像

15.78m対艦刀「シュベルトゲベール」はレーザー実体刃複合対艦刀。
文字通り戦艦の装甲を切り裂くことが可能で、対MSであれば機体を真っ二つに両断できます。
ただし、あくまでも“対艦”を想定した装備であるため、MSとの近接戦闘時には重量バランスなど取り回しに難があります。

グリップ部にはビーム砲を内蔵する予定でしたが、アークエンジェルに配備されたものはビーム砲を実装する前の試作装備でした。


キットではグリップ部分から突起が展開し、手のひらの凹と合わせてしっかり保持させることができるのですが、どうにも細かくて、両手分うまく合わせられなかったので途中で断念。
普通に握って持たせていますが、それでも特に問題はないようです。



画像

ランチャーストライカーガンダム。

右肩のユニットの取り付けには、スカイグラスパーでも使用していた黒いパーツを用います。

画像

画像



画像

右肩の複合兵装ユニットは「コンボウエポンポッド」。

主武装の120mm対艦バルカン砲は、むしろ中近距離での対MS戦闘における迎撃や牽制に有効な装備。

2連装の350mmガンランチャーは誘導弾や榴弾など各種弾頭の射出に対応しており、バルカン砲よりも広いレンジに対応します。

マーキングシールはちゃんと丸く切り抜いてから貼った方がいいですね。


画像

320mm超高インパルス砲「アグニ」はMS携行用火器としては最大規模の大型ビーム砲。
射撃する際の砲身保持のため専用のアームを装備します。
高圧縮状態の臨界プラズマエネルギーを1/1000秒単位でバーストインパルスとして生成・放射することで、スペースコロニーを破壊するほどの威力を発揮します。
エネルギー消費も激しいため、単機での長時間に及ぶ運用は想定されていませんが、他に外部電源を用いて稼働時間を延長することが可能です。


画像

フォアグリップが可動・展開するので、両手持ちさせることも可能です。





画像

そして、どうせならやってみたい全部乗せ。

アグニを手持ちにしているので、BB戦士のスーパーストライクと同じですね。


画像

ちなみに、無改造だと右肩のランチャーユニットと背中のエールユニットが干渉します。


ついでにスカイグラスパー フル装備状態もしてみたかったのですが、シュベルトゲベールとアグニが取り付けられないのでできませんでした。



以上、スカイグラスパー ランチャー/ソードパックでした。

RGだけあって細かいパーツがテンコ盛りです。

パーツによる色分けは高いので、キット自体に塗装はせずスミ入れのみ。

合わせ目は目立たないようになっているものの、シュベルトゲベールやアグニといった大型武器ではしておいた方がいいところもあります。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    RG スカイグラスパー ランチャー/ソードパック アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる