アーサンの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS HG 1/144 ダナジン

<<   作成日時 : 2012/05/13 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

火星怪獣



画像

TVアニメ『機動戦士ガンダムAGE』から、『ダナジン』です。

地球上への直接侵攻を前提に設計されたヴェイガンの機体。
従来のいわゆる“人型”から大きくかけ離れたそのフォルムは、自然環境ならではの苛酷な地形に対する踏破能力に特化した結果とのこと。
一世代前のMSドラドではオミットされていた飛行形態の変形機構も復活し、重力かにおける航続距離も飛躍的に向上しています。

画像

画像




画像

耳(?)部分はボールジョイント接続。
頭部後方よりに首との接続部分があり、飛行形態時には縮められる構造となっています。



画像

腕は構造的に水平までは上がりません。

肘は二重関節になっていて、通常方向に加え、逆方向にも曲げられるようになっています。

手は平手と爪を立てたものの2種類がありますが、左右の区別はありません。
写真の平手中央のビームバルカン部分は開口されているので、他キットのビームサーベル刃などを取り付けることができます。



画像

腰はボールジョイント。
ひねり、仰け反りが可能です。



画像

飛行形態への変形のおかげで、つま先が可動します。

その他、膝、足首のカバーも可動。



画像

翼は基部も含め、3か所で可動。
外側には大きく広がりますが、内側に折り畳むような動きは苦手です。



画像

尻尾はさらに複数個所で可動し、上下左右によく動きます。



画像

武装はすべて固定武装で、顎下にビームシューター。



画像

股間にダナジンキャノン。



画像

尻尾の先端には、接近戦闘用のダナジンスピナー。



画像




画像

飛行形態への変形は耳のみ差替え。
首を縮めて、脚を後方に伸ばします。

画像

画像




画像

尻尾の付根の下方に各種スタンドに対応した穴が開いています。



画像




画像




以上、ダナジンでした。

まさに宇宙怪獣という感じでMSっぽくはありません。

可動についてはそれこそ人型とは基本が異なりますが、ガシガシ動かしていて面白いものがあります。

色分けは完璧。

パーツだけで十分分けられていますし、使用するシールもセンサー、ビームシューター、ダナジンキャノンの3箇所のみです。

キットのままでも良かったのですが、今回はダークグリーンとつや消しブラックで各部を塗装してあります。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか色味が違うと思ったら全塗装ですか?
気合入ってますね!
成型色まんまより明るさが抑えられてていい感じです。

僕もダナジン欲しいんですけどなぜか近場ではどこにも売ってないんです。
人気あるんですかね?
水影
URL
2012/05/22 01:43
>>水影さん

ダナジンは色ごとにパーツがよく分けられているので、マスキングいらずに塗るのにもってこいです。
AGE-3以降のキットは、確かに私も店頭から消えるのが早い気がします。
仕入れ数がだんだん減ってきてたりして・・・^^;

色の暗いキットを撮る時は光の加減が難しいです。
アーサン
2012/05/22 21:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


- since 2008.12.31

    〜web巡回・レビュー〜

    HG 1/144 ダナジン アーサンの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる