機動戦士ガンダム00 #07「報われぬ魂」感想

第7話放送の11月17日は、一説では"赤い彗星"シャア・アズナブルの誕生日
そんなこととは関係なく、ギスギスしたガンダムマイスターの話。


敵MSから聞こえてきた声に少年兵時代の過去を思い出す刹那。
イマイチなパイロットなのだから、ボーっとしているのは危険です。
過去に声の人物と同じ人らしい男性の指示で、知っている人を手にかけたようです。

そしてOP。
今日改めてよく見てみたら、くだんのサーシェスは出てきていないんですね。
コーラサワーも。ちょっとショックでした。

久しぶりに古谷さんのナレーションから始まったAパート。
サーシェスは刹那にとって運命の男らしいです。

ビームサーベルを構え、サーシェスのMSと対峙する刹那のガンダムエクシア。
GNビームダガーは前回投げてしまったので、腰には何も付いていません
エクシアのGNビームサーベルを払う動きに、刹那は以前のその男性との戦闘訓練を思い出します。
ビームサーベルを二本とも叩き落された刹那はGNロングブレードで挑みますが、受け止められてしまいます。
その際、過去に撃った女性を思い出しますが、どうやら近しい人のようです。
その女性の言葉によると、刹那の元(?)の名は"ソラン"のようです。
そして気合一発。胸のGNドライブが光り、GN粒子が増したのか、GNロングブレードの切れ味が増し、敵MSの実剣を切断します。
額のアンテナ上部を点滅させての光通信で、サーシェスにコクピットから出て来るように伝える刹那。
先に刹那が出たことで、サーシェスも出てきます。
パイロットスーツのヘルメットを取ったサーシェスの顔に見覚えのある刹那は銃口を向け、サーシェスも同じく刹那に銃口を向けます。
一触即発の状態になった二人の間をガンダムデュナメスの撃ったビームが横切り、危険を感じたサーシェスは徐々にエクシアとの距離を開けていきます。
今までは刹那が巻き添えにならないようにビームを外してきたロックオンでしたが、充分に距離が開いたと見て、狙い撃ちにいきます。
しかし避けられてしまい、今まで百発百中だっただけにロックオンもビックリです。

刹那を注意しようとするロックオンですが、スメラギさんからの通信が入り、ミッションを優先に続行することになります。
デュナメスはエクシアをサポートするよう指示され、またも貧乏くじです。

敵MSの銃撃を受けながらGNバズーカを構えるガンダムヴァーチェが(GN)圧縮粒子を全面に展開すると、周りが緑色の光りの球体に包まれ敵の攻撃を受け付けなくなりました。
これがヴァーチェのGNフィールドによる高い防御力というものなのですね。
飛行形態で敵MSを追撃するガンダムキュリオスですが、うつ伏せ変形のため、下から顔が丸見えです。
HGキットの売上に影響しないか心配です。
同じくスメラギさんからの指示を受け取ったアレルヤから通信が入りますが、ティエリアは「黙っていろ」と一蹴です。
刹那の行動にティエリア・アーデはとってもご機嫌ななめだわ!!

ユニオンのMSWAD基地ではグラハム、カタギリ、エイフマン教授が。人革連の低軌道ステーションではセルゲイがそれぞれ戦況を見ていますが、圧倒的な戦力の差に、降伏すべきだと考えています。
そしてAEUでは早くも復興支援の準備が進められていました。
今回もソレスタルビーイングは政治の駆け引きの道具にされた格好です。

ソレスタルビーイングのミッションもフェイズ6が開始され、ガンダム4機は渓谷を抜けながら、隠密行動でどこかを目指しているようです。
キュリオスが戦闘を飛行していますが、翼が崖に接触し、後ろを飛んでいたデュナメスに岩塊をぶつけてしまい、ハロに「ヘタっぴ」呼ばわりされてしまいます。
というか、他の3機が普通について来られる中、キュリオスが飛行形態の理由が分かりません。
MS形態だと、ものすごく遅いのでしょうか?
太ったヴァーチェでも接触しないことを考えると、ホントにヘタっぴな気がしてきます。
前方を飛ぶ刹那に対して、後方のティエリアから「今度また愚かな独断行動を取るようなら、君を後ろから撃つ」と釘を刺す通信が入ります。
その際、お互いを"刹那・Fセイエイ"、"ティエリア・アーデ"と、フルネームで呼び合うあたり、二人の仲の悪さを伺えます。

自分の部隊と合流するサーシェス。
どうやら自分の部下だけはやられないように、隠れていろと命令していたようです。
サーシェスは先程の戦闘を思い出し、エクシアの剣捌きからクルジス共和国での少年兵の一人ではないかと考えますが、とりあえずは考え過ぎとしました。

ミッションのラストフェイズは、ガンダム4機でモラリア軍の司令部を攻撃する作戦のようです。
司令部を守るためMSが多数出てきますが、ヴァーチェのGNバズーカの一薙ぎで、瞬く間に破砕されてしまいます。
デュナメスも二挺のGNビームピストルで、敵MSを狙い打ちます。
なんでHGキットに付いていないのでしょうか?
介入行動に入ったキュリオスは上空から、また機動力を活かし、GNビームサブマシンガンで敵MSを撃破していきます。
エクシアもGNソードとGNロングブレードの二刀流で、敵MSを駆逐していきます。
GNショートブレードが活躍する日は来るのでしょうか?

MS部隊を全滅させられたモラリア軍司令部は降伏をの意思を伝え、ソレスタルビーイングのミッションは終了しました。
その際、ロックオンはハロにスメラギさんへの報告を頼みましたが、自分で言ってもいいんじゃないですか?
なんでもかんでもハロに甘えないで下さい。


留美の邸宅でオペレーションをしていたスメラギさん達もガンダムの撤退を確認し、ようやく一息つけるようです。
ヴェーダの推測通りだという留美に対して、「推測から外れたい」というスメラギさんですが、なぜという質問に答えてくれません。
そのくせ、機材の処分を一方的に言っておきます。
今回のミッションでの犠牲者に心を痛めているようです。

JNN本社では、モラリアの情勢の急変に大わらわです。
沙慈の姉、絹江・クロスロードも「ボサっとすんな」と怒鳴られながらも大忙しです。
仕事があったんですね。

翌日、学校にてモラリアのニュースを見る沙慈とルイス。
画面には斜め下から撮ったエクシアの画像があります。
誰が撮ったのでしょう?

ホテルではスメラギさんが一人お酒を飲み、隣の部屋ではクリスティナとフェルトが寝ています
アレハンドロ・コーナー様も今回の作戦の成功に大満足です。
PMC本社ではサーシェスが"耳寄りな情報"を掴んだらしく、部隊が無事だったことについて詰問する男性に吹いていました。

夜の南の島では、刹那が今回の行動でロックオンに殴られていました。
ガンダムマイスターの正体、及び太陽炉(GNドライブ)はSレベルの秘匿義務があるようです。
姿を晒したことを詰問される刹那ですが、強情にも答えません。
「お仕置きが足りないか」と言うロックオンですが、ティエリアは刹那を危険な存在としてに銃を向けます。
どうでもいいですが、あの声で"お仕置き"と言われると、妙にドキドキしてしまいます
しかし刹那も「エクシアからは降りない。俺はガンダムマイスターだ」と銃を向けます。
ロックオンと、「命令違反をした僕が言うのもなんだけど・・・」と前置きしながら、アレルヤも仲裁に入ります。
気にしてたんですね。
「ガンダムマイスターである理由を見せろ」と言うティエリアに対して、「俺の存在そのものが理由だ」と答える刹那。
まったく答えになっていません
凍りついた雰囲気を和らげようと砂浜を飛び跳ねていたハロは、勢いあまって海に落ちてしまいました。ロックオンもビックリです。
ところで、ガンダム4機は既にコンテナに格納されているようですが、マイスターの人たちは、わざわざ刹那を殴るために海岸まで来たのでしょうか?

夕焼け空を眺めながらお酒の入ったグラスを傾けるスメラギさんに通信が入ります。
何か予測していた悪い事態が起きるようです。

夕方、学校帰りにルイスの買い物に付き合う沙慈の目の前でバスが爆発します。
どうやらテロらしく、駆けつけて来た大阪弁の男性も「テロや。これはテロやで」と叫んでいます。
24世紀でも大阪弁は残っているようです。

南の島のガンダムマイスター達にもイアンのおやっさんから、テロのことが伝えられます。
どうやら日本だけではなく、世界主要都市7箇所での同時多発テロのようです。
テロ実行犯の目的は、ソレスタルビーイングの武力介入の中止と、武装解除だそうです。
実行犯についての調査報告があるまで、ガンダムマイスターは南の島で待機することになりました。
ガンダムを格納するコンテナは足りるのでしょうか。
GNドライブの無いプトレマイオスも気になります。
そういえば、女性陣のいなくなったプトレマイオスで、男二人でナニしてるのでしょう。

人一倍憤るロックオンに対し、ティエリアは威にも介さない涼しい顔です。
あくまでも計画の内というティエリアに、ロックオンが掴みかかります。
ちなみに、ロックオンにはテロで家族を失った過去があるのですが、TVだけを見ている人達に伝わるのでしょうか?
テロという紛争を起こした組織に対して、刹那はソレスタルビーイングのガンダムマイスターとして、武力介入をすることを決意するのでした。

海水に濡れたハロが錆びないか気になりながら、来週に続きます。



web拍手を送る



●疑問点:Bパートでの時系列について。
Bパートは主に南の島、日本、スメラギさんのシーンが複数回出てきます。
気になるのは刹那の殴られた時間、及び南の島の時間です。

日本のJNNがモラリアの降伏を知ったのはでした。
そして翌日の朝、学校で沙慈がそのニュースを見ました。
夕焼けの中、お酒を飲むスメラギさん。先週のホテルと同じなら、ユニオンのどこかです。
の南の島で、殴られる刹那。
通信を受け取ったスメラギさんは、場所は同じで、夕焼けです。
夕方、目の前でテロを目撃する沙慈。
同時多発テロの報せを受ける南の島のガンダムマイスター。

・・・ちょっとおかしくないですか?
ガンダムマイスターは南の島までの移動にどのくらいの時間がかかっているのでしょうか?

スメラギさんのシーン自体は、モラリア降伏からテロまでの間のいつかで、そんなに時間が経っていないと考えていいと思います。
日本のシーンを見ると、モラリアの降伏から同時多発テロまで12時間以上経っていると考えられます。
刹那が殴られたのは、全員が浜辺にいてテロの報せを受けていますから、テロが発生する少し前でしょう。

ということは、ガンダムマイスターは12時間以上かけてモラリアから南の島に移動したことになります。
時間がかかりすぎじゃないでしょうか?

モラリアの降伏を確認。
12時間かけて南の島へ。
刹那に鉄拳制裁
移動中に説教くらいできそうな感じです。

テロがね、同時じゃなきゃいいんですよ。

モラリアから南の島にスグ移動、そこで鉄拳。テロの報せ。
日本でそれとは別にバステロ。

そうすれば矛盾がないのに。
そんなことをつらつらと考えてしまいました。



●おまけ
毎週毎週、面白くないと思いながら見るガン!ガン!ガンプラ!!ですが、今週は川口名人が出ていました。
それはともかく、BB戦士三国伝の他のキットと並ぶ呂布トールギスが見られて良かったです。
早く欲しいなぁ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ガンダムOO 第7話 『報われぬ魂』 感想

    Excerpt: せっちゃんとひろしのターンかと思いきや、思っくそ絶望先生が毒散布しまくりですな。 Weblog: またつまらぬものを書いてしまった racked: 2007-11-18 11:00
  • 今日のガンダム(00第7話)

    Excerpt: 「運命の~」今回はこの単語が2度も。 Weblog: 吉良的改造計画 racked: 2007-11-18 21:09
  • 機動戦士ガンダム00  第7話

    Excerpt: 相変わらずガンダム強ええええええええ!!圧倒的戦力ですねさて、前回出てきたひげおっさん刹那と関係あるみたいですが今回その一部が垣間見えた感じかな??子供を宗教洗脳でしょうか自らの両親を殺させるとはずい.. Weblog: にき☆ろぐ racked: 2007-11-19 13:50
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第7話 「報われぬ魂」

    Excerpt: 機動戦士ガンダム00 (1) モラリアとAEUの共同軍事演習に、武力介入を実行するソレスタルビーイング。ガンダムの強さは圧倒的だった。非常事態宣言から無条件降伏までの時間はわずか五時間。再び世界.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-11-24 02:29
  • レビュー・評価:機動戦士ガンダム00/第7話「報われぬ魂」

    Excerpt: 品質評価 15 / 萌え評価 42 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 45 / お色気評価 13 / 総合評価 25<br>レビュー数 284 件 <br> <br> 第7話「報われぬ魂」のレビューで.. Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン racked: 2007-12-12 19:20