機動戦士ガンダム00 #11「アレルヤ」感想

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、な話。


ユニオンの対ガンダム調査隊ではグラハムと部下2人が、前回のソレスタルビーイングと人革連の戦闘について語っていました。
「モビルスーツの性能差が勝敗を分かつ絶対条件ではないさ」
どこかで聞いたような台詞を曰っています。
負け惜しみでなければいいのですが。

別室ではカタギリとエイフマン教授が専門的な話をしていました。
GN粒子は多様変異性フォトンらしいです。
イアン・シュヘンベルグの技術に脅威を感じる2人でした。


さて、前回の戦闘で甚大な被害を被ったプトレマイオスでは、フル稼働で修理が行われていました。
ハロがいっぱいです。
ブリッジではスメラギさんの作戦指揮者としての責任だとしてティエリアが、責任転嫁&八つ当たりをしていましたが、スメラギさんには受け流され、ロックオンには窘められて出て行ってしまいました。

アレルヤは自室で考え事です。
ティエレン・タオツーこと高機動超兵使用のパイロットは自分と同じく、人革連で改造された人物だと考えているようです。

人革連ではセルゲイが上官に前回の作戦の経緯を報告していました。
責任を取って辞表を提出したようですが、受理されなかったようです
人革連の主席がユニオンと接触したりと、今後更に大きな作戦があるのかもしれません。
そのころソーマは修理されたタオツーを見ながら作戦完遂を誓うのでした。

人革連の超兵部門の技術者は、キュリオスのパイロットの声を分析し、以前改造し、処分したことになっている『E-0057』ではないかと思い至ります。
ハレルヤの人格はこの実験の副作用で生み出されたようです。
しかし上層部に知られると自分の立場や超兵特務機関の存続が危うくなると考え、黙っていることにしました。
いやな隠蔽体質です。

展望室で物思いに耽りながら、ハレルヤの幻と議論を交わすアレルヤ。
超兵特務機関を攻撃するかどうかで揉めています。
子どもの頃にハレルヤの人格が出て、同じ超人機関の子どもを殺めたことを引きずっているようです。
思わず大声を出してしまい、「どうした?」と刹那に心配される始末です。

アザディスタンではシーリンがコーナー様に技術支援を行っていることの理由をストレートに質問しましたが、「要請があったから」と正論で返されてしまいます。
「あなたのそのお気持ちを、あなた方の神に誓えますか」とのマリナの質問に、「誓えます。アザディスタンの未来を。あなたの神にも」と答えるのでした。

アレルヤは自室でお酒を飲んでいたスメラギさんに、人革連の超兵特務機関を叩く作戦プランを進言にやってきました。
殺風景な部屋にはお酒のボトルしかありません。
アレルヤは覚悟を決めたようです。


ルイス母は料理を前に感激しルイスが作ったものだと思っていましたが実は沙慈が作っていて料理の腕は認めてもいいわよとか言っていますが本編とは全く関係ありません。

イオリア・シュヘンベルグの調査をしている絹江と後輩の男性記者は、ユニオンの安全保障局局員が頻繁に出入りしているマンションにやって来ました。
ここに住む松原さんが、保障局が200年前に行方不明になった曽祖父のことを調べていることを教えてくれました。
口止めされているのに

作戦プランを見たスメラギさんとヴェーダは作戦を承認しました。
「もう一人のあなた」の意見について質問するスメラギさん。
ハレルヤのことは知っているみたいです。

それを部屋の外で立ち聞きするティエリア。
仮にも宇宙船ですが、壁が薄いみたいです。

今回の作戦は、ラグランジュ4のスペースコロニー全球にある人革連特務機関に武力介入を行うことです。
エクシアとデュナメスは別行動で、南アフリカの国境紛争地域への武力介入を行うようです。
刹那は発進時スメラギさんに「私がいないからって勝手しないでね」と釘を刺されていました。
いても勝手する子だと思います。
この後戦闘シーンがあるのですが、ザコ相手なのでサクッと勝って終了です。

ティエリアは何か丸い部屋の中に浮かびながら、先ほどのアレルヤとスメラギさんの会話を思い出していました。
「アレルヤ・ハプティズム。そうか・・・。彼は・・・。
人類というものは。人間というものは。ここまで愚かになれるのか」。
達観しています

人革連のスペースコロニー全球に向け発進するキュリオスとヴァーチェ。
中から出てきた防衛隊はヴァーチェが引き受け、キュリオスは内部の特務機関を攻撃するのがミッションプランです。
ちなみに防衛隊はGNバズーカ一発で消し飛びました。

キュリオスはセキュリティシステムを制圧し内部に突入、コロニー内部の回転に一時機体がグラつきますがこれを修正し特務機関のビルに向かっていきました。
キュリオスの腕には見慣れない武装が装着されています。

ビルに近づくほど、脳量子波の影響により頭痛に襲われるアレルヤ。
両腕の武装もあわせ攻撃態勢に入りますが、超兵候補の子ども達の苦痛が聞こえてきて攻撃を躊躇います。
しかしハレルヤの苛める声に、撃ちたくないと思いながらも引き金を引いてしまいます。
絶叫しながらの全弾発射により、崩れ去る特務機関。
攻撃を終了したキュリオスは撤退していきました。

帰還するキュリオスの中で「よくやった」とアレルヤを褒めるハレルヤ。
彼もまた、今回のことで涙を流すのでした。

超兵機関への攻撃の報告を受けたセルゲイは、超兵機関の技術者を拘束しました。
ソレスタルビーイングが自身も知らない研究施設の場所を知っていたことから、超兵機関出身者がいると判断し、技術者がそれを知りながら黙っていたことが理由です。
しかも超兵機関の情報はソレスタルビーイングにより、全世界に知られてしまいました。
ソレスタルビーイングに花を持たせるのが忌々しそうです。

ミッションが終了し、自室で悶々としていたアレルヤは、スメラギさんにお酒を貰いに行きました。
「未成年はダメよ」というスメラギさんですが、アレルヤは先ほど20歳になったとのことで1杯貰えました。
一口飲んで「なぜ、こんな苦いものを」と言うアレルヤに対し、
スメラギさんは「そのうち分かるわ。きっとね」と答えるのでした。

アレルヤがスメラギさんのような飲兵衛にならないか心配しながら、来週に続きます。



web拍手を送る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ガンダム00第11話 アレルヤ

    Excerpt: いきなり出ましたね。過去の名セリフのパクリが。 Weblog: VenUs GoSpeL  racked: 2007-12-15 23:15
  • ガンダムOO 第11話 『アレルヤ』感想

    Excerpt: アレルヤのターン再び! …と思いきや、 ハムの人キタ━━(゚∀゚゚∀゚゚∀゚)━━!!!!! って、こんだけ!? Weblog: またつまらぬものを書いてしまった racked: 2007-12-16 11:31
  • 機動戦士ガンダム00 第11話「アレルヤ」★20歳の誕生日

    Excerpt: 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第11話「アレルヤ」  前回の「アレルヤ」の壊 Weblog: 子育ちパパの航生日誌Q2.0 racked: 2007-12-16 15:08
  • ハレ荒レユカイ

    Excerpt: 機動戦士ガンダム00 #11 『アレルヤ』感想 アレルヤが過去のトラウマを破壊した回。そして、よっちんの超熱演が光った回。よっちんといえば…結界師もじつに皮肉なことに深夜に移動してからやっと「見れる.. Weblog: Ondul Blog ver.2.07 racked: 2007-12-17 10:20