機動戦士ガンダム00 #23「世界を止めて」感想

ロックオン・ストラトスの最期の話。



アバンタイトルは、前回のトランザムシステムが発動したところから。
エクシアが圧倒的な機動力と攻撃力で、サーシェスの乗るスローネツヴァイを翻弄します。
そして遂にサーシェスは敗走していきました。

コクピットに浮かぶ”TRANS-AM”の文字に「俺は、託された」と理解する刹那。
自分達の努力ではなく、アレハンドロの野心の結果だと言うのがアレですが。

一方、兄兄ズを相次いで殺されたネーナは、泣きながらスローネドライでどこかへ飛んでいきました。
刹那もラッセもまったく気が付いていません。
何のために危険を冒して、地上に降りてきたのでしょうか?

もっとも、結果ありきで、手段や目的がないがしろなのはいつものことです。


ヴェーダ本体にいるアレハンドロもリボンズも、トランザムシステムに驚きを隠せません。
しかもその情報はヴェーダにも無く、GNドライヴのブラックボックスにあらかじめ書き込まれていたもののようです。
それに連動して、ヴェーダ内のマイスター達の情報も完全に消去されてしまいました。
小マメなバックアップをおススメします

イオリア・シュヘンベルグのすべてを見越したような周到な準備に、アレハンドロは悔しさを露わにします。

そのころ、トレミーはドックにて新たな強襲揚陸コンテナと、キュリオス用のテールブースターを受領していました。
デュナメスの修理も大急ぎで行われています。

MISS・スメラギと刹那以外のマイスターズは、トランザムシステムの解明を行っていました。
どうやら機体に蓄積した高濃度圧縮粒子を全面開放し、一定時間、スペックの3倍に相当する出力を得られる半面、運用時間終了後、機体性能が極端に落ちてしまうようです。
赤いから3倍なのですね。

その時、刹那からの暗号通信が入り、スローネツヴァイがサーシェスに奪取された事を知ります。
サーシェスの名に反応するロックオン。
一人知らないアレルヤは、ティエリアに何者なのか尋ねます。

国連軍に合流し、宇宙に上がったサーシェスは、スローネツヴァイの整備状況を見てニヤけています。
どうやら予備パーツがあるらしく、前回破壊されたGNバスターソードやGNファングもすべて装備されています。
トリニティ兄弟の元基地にでもあったのでしょうか

そんなサーシェスにセルゲイが話しかけ、鹵獲した方法を尋ねますが、「企業秘密」とのことで教えてくれません。
もっとも正しく聞いても、セルゲイの性格に合わないこと請け合いです。

ダリル・ダッジは、1人待機室でハワード・メイスンの敵討ちを誓っていました。
彼的にスローネツヴァイの機体に、何か感じるところは無いのでしょうか?

プトレマイオスへ帰還中の刹那に、「答えは出たのか」訊ねるラッセ。
しかし答えは分からず、刹那は「俺は俺の意思で紛争根絶のために戦う。ガンダムとともに」と答えます。
結局、何も変わっていません

紛争根絶が実現できるとは信じていないラッセは、それでも「ソレスタルビーイングは、俺たちは、存在することに意義があるんじゃねえかってな」と自分の考えを述べます。
その言葉は刹那に新たな気付きを与えます。
地味な脇役の方が、よっぽど物事を理解しています

プトレマイオスに、国連軍の輸送艦が迫っています。
キュリオス、ヴァーチェに出撃命令が出ますが、デュナメスは待機です。
納得がいかず、部屋から出ようとするロックオンですが、扉がロックされており開きません。
ロックオンにロックです。

ロックしたのはティエリアでした。
「私は前回の戦闘で彼に救われた。だから今度は私が彼を守る」
今日は”私”です

国連軍の輸送艦からジンクスが出撃してきました。
全部で26機います。
その中にスローネツヴァイの姿もありました。

セルゲイの指揮の下、ガンダムを包囲殲滅する作戦に出る国連軍ジンクス部隊。
サーシェスは、1人離れたところで戦況を見つめています。
その時、スローネツヴァイのカメラがガンダムヴァーチェを捉えました。
どうやら、目標はヴァーチェのようです。

ジンクス部隊に向かい、先制攻撃を仕掛けるガンダムキュリオス。
飛行形態の新装備、テールブースターにより、攻撃力、機動力が上がり、ジンクス部隊に引けを取りません。

一方、ヴァーチェもGNバズーカを2門装備し、更に攻撃力を上げてきました。
こちらはGN粒子の消費量が心配です。

ジンクス部隊の砲撃を、ヴァーチェはGNフィールドで防御します。
そこに現れるスローネツヴァイ。
ヴァーチェのGNキャノン、2つのGNバズーカの攻撃も、難なくかわします。

GNファングをヴァーチェに向い射出するスローネツヴァイ。
いくつかは打ち落とされますが、残ったGNファングがGNフィールドを通過、ヴァーチェのGNフィールド発生装置を破壊します。

それを見届け、スローネツヴァイが立ち去った後、ヴァーチェを再びジンクス部隊の砲撃が襲います。
GNフィールドを上手く展開できないヴァーチェの装甲を、無数の砲撃が歪ませていきます。

テールブースターにより、善戦を続けるキュリオスでしたが、不意を突かれた攻撃が直撃します。
そしてキュピーンと頭が痛みだすアレルヤ。
ソーマ・ピーリスがやってきました。

テールブースターを外し、MS形態になったガンダムキュリオスに、ソーマのジンクスが迫ります。
更にセルゲイも駆けつけ、アレルヤは絶体絶命のピンチです。

プトレマイオスがガンダムに後退命令を出そうとしますが、その時、ガンダムデュナメスが出撃していきます。
GNアーマーを装備し、対艦攻撃を行うつもりのようです。
いつの間にロックを解除したのでしょうか?


セルゲイの援護を受け、キュリオスに迫るソーマでしたが、キュリオスが紅く輝いたかと思うと、凄まじい速度で攻撃をかわされてしまいます。
ガンダムキュリオスがトランザムシステムを発動しました。
更にアレルヤの頭痛も治まっています。
こちらはハレルヤが脳量子波を遮断してくれたみたいです。
だったら最初からやってくれればいいのに

一方、ジンクス部隊の集中攻撃で、こちらもピンチだったヴァーチェもトランザムシステムを発動しました。
その状態でのGNバズーカのバーストモードの攻撃は、ジンクス部隊だけではなく、近くに浮かんでいた岩塊さえも吹き飛ばします。

そんな岩塊のかけらに当ったのは、誰あろう我らがコーラサワー
ジンクスの頭部は破壊され、その勢いのまま宇宙の彼方に飛ばされていきましたとさ

しかしヴァーチェのGN粒子の消費量も激しく、ジンクス部隊の新手に、再び危機に陥ってしまいます。
そこに駆けつけたのが、GNアーマーを装備したガンダムデュナメスでした。

「悪いが今は狙い撃てないんでねぇ。圧倒させてもらうぜ!」
GNアーマーから放出された無数のミサイルが、迫り来るジンクス部隊を正に圧倒します。
ジンクス部隊をの一隊を壊滅させたロックオンは、対艦攻撃へ向いました。
ところで、狙い撃てないのは利き目を怪我しているからか、時間が無いからか、GNアーマーだからか、どれなんですかね。

一方、その攻撃を唯一かわしたダリル。
彼の中でガンダムへの恨みは、ますます募ります。

トランザム中のキュリオスは、ジンクス部隊を圧倒する活躍を見せていましたが、システムの限界時間が迫っていました。
しかしジンクス部隊が撤退していきます。
今回は、辛くも助かりました。

ジンクス部隊を突破したロックオンは、国連軍の艦隊に迫っていました。
国連軍も応戦しますが、次々に艦を攻撃されます。

カティ大佐の乗る旗艦を残すのみになった時、スローネツヴァイの攻撃がGNアーマーを破壊します。
サーシェスの登場に、ロックオンの感情が昂ぶります。

スローネツヴァイを追いかけ、小惑星帯に突入したデュナメス。
利き目の怪我で、攻撃が当りません

スローネツヴァイのGNバスターソードの攻撃を、デュナメスはGNビームサーベルで受け止めます。
接近した際に、サーシェスに自分の家族を巻き込んだテロを起こした理由を問いただすロックオン。
それに対するサーシェスの答えは、もちろん納得できるものでは無く、火に油を注ぐ結果になってしまいます。

プトレマイオスへ接近中の、刹那を乗せた強襲用コンテナとのドッキングを解除したエクシアは、トランザムで戦闘宙域へ向います。
そんなことしたら、着いた途端に性能が落ちるので、止めといたほうがいいと思いますが。
GNアーマーとかじゃダメなんですかね

デュナメスとスローネツヴァイの戦闘は、激しさを増し、更に続いています。
GNスナイパーライフルを捨て、両手にGNビームサーベルを装備したデュナメスは、スローネツヴァイの右腕を切り落とすことに成功します。
その時、ハロが「敵機接近」を知らせます。

ダリル・ダッジが突撃してきました。
「ハワードのカタキ~」
ハワードの仇はミハエルやスローネツヴァイだと思いますが、ダリル達にとってはソレスタルビーイングなんですね

デュナメスから発射されたミサイルが、ジンクスの腕や装備を破壊しますが、ダリルは止まりません。
「俺はユニオンのフラッグファイターだ~!」
デュナメスの右側に回りこんでの体当たりは、右腕を破壊します。
フラッグは既に降りています

その光景を見ていたサーシェスは、デュナメスが右側が見えていないことに気付きます。
GNファングを発射するスローネツヴァイ。
左腕のGNビームピストルだけで応戦しますが、右側からのGNファングがデュナメスの頭部と両足を破壊。
ガンダムデュナメスは戦闘不能に陥ってしまいます。
コクピットの中のロックオンも負傷してしまいます。

デュナメスを仕留め損なったことに気付いたサーシェスは、後退するデュナメスを追いかけます。

戦闘宙域から一時離脱したロックオンは、デュナメスの機体をハロに預け、自分はコクピット内のライフル型コントローラーを手に機体を降ります。
心配するハロに、ロックオンは「生きて帰るさ」と声を掛けます。
ロックオンの目指す先には、破壊されたGNアーマーの大型GNキャノンが浮かんでいました。

デュナメスを探すスローネツヴァイでしたが、レーダが生体反応を捉え、そちらに向っていきます。
そこには、大型GNキャノンに接続したライフル型コントローラーを構えるロックオンの姿がありました。
こいつをやらなきゃ、仇をとらなきゃ、俺は前に進めねぇ。世界とも向き合えねぇ。
だからさ、狙い撃つぜ!!!

ロックオン、最期の狙い撃ちです。

その砲撃はサーシェスの乗るスローネツヴァイを破壊しますが、スローネツヴァイからの攻撃もまた、大型GNキャノンを破壊します。
吹き飛ばされるロックオン。
脳裏に家族と過ごした思い出がよみがえります。

目を閉じかけたその時、駆けつけるエクシアが視界をよぎります。
エクシアのカメラでも、破壊された大型GNキャノンと、そばに浮かぶロックオンを見つけました。

ロックオンは地球を見つめ語りかけます。
よう、お前ら満足か。こんな世界で。俺は・・・嫌だね
手を銃の形にしたロックオンが呟いた時、大型GNキャノンがロックオンも巻き込む大爆発を起こします。

目の前の光景に、ロックオンの名を叫ぶ刹那。

プトレマイオスは、キュリオス、ヴァーチェに続き、デュナメスの無事を確認していました。
しかしデュナメスからの通信は、ハロがロックオンの名を連呼するばかりで、フェルトの問いかけにも答えません。
プトレマイオスのクルーが一斉に色めき立ちます。

マイスターズにも動揺が広がります。
宇宙には刹那の絶叫が響き渡るのでした。



この事態を引き起こしたそもそもの原因はパトリック・コラサワーなんだよなぁ、と思いながら来週に続きます。



web拍手を送る


この記事へのコメント

たーくん
2008年03月17日 01:53
いよいよクライマックスになってきましたね。
いろいろ予想されていますが、私的にはピーリス専用のジンクスがいつピンクに塗装されるのかが気になります。

ツヴァイについてユニオン陣営はもっと突っ込んで聞くべきなのでは?
細かいところがないがしろにされがちですね・・・。
2008年03月17日 20:19
>たーくんさん

サーシェスは「企業秘密」と言っていますが、スローネツヴァイを調べればCBやガンダムマイスターに関する情報が得られたり、いろいろなものが引き出せそうな気がします。
鹵獲したからって、そのままサーシェスが乗って、戦闘にも参加するって、どうかと思いますね(^^;

この記事へのトラックバック

  • 機動戦士ガンダム00 #23 世界を止めて

    Excerpt: やはり戦闘メインのお話は熱くて面白いねぇ?今週の「ガンダム00」は良かった(≧∇≦)b 機動戦士ガンダム00 2宮野真守 三木眞一郎 吉野裕行 バンダイビジュアル 2008-02-2.. Weblog: 焼きプリン定食(2個目 racked: 2008-03-16 16:11
  • ガンダムOO第23話 『世界を止めて』 感想

    Excerpt: 今度は私が彼を守る!! 今日のティエりんは私モード(;´Д`)ハァハァ ロックオン兄さん、ティエりんの計らいでロックされちゃいました(ノ∀`) Weblog: またつまらぬものを書いてしまった racked: 2008-03-16 22:00
  • 機動戦士ガンダム00 23話「世界を止めて」

    Excerpt: 機動戦士ガンダム00 23話「世界を止めて」 Weblog: アマデウスの錯乱? racked: 2008-03-19 08:37
  • 俺の00アンロック!!「機動戦士ガンダム00」

    Excerpt: 水島カントク!受ける為なら何でもアリか?トミノでさえもララァやミハルやマチルダは殺してもカイやハヤトやブライトは殺さなかったのに。... Weblog: Anime in my life 1号店 racked: 2008-03-20 17:11