BB戦士 パーフェクトガンダム

パーペキな白い悪魔



画像

『機動戦士ガンダム』MSVから、『パーフェクトガンダム』です。

その名が示す通り、完成された機体を目指して開発されたガンダム。
”増加ウェポン・システム”に近い設計思想から、全身を脱着式の増加装甲と強力な武装で覆われています。
機体重量は増大していますが、機体各所のスラスターがそれを補っており、機動性も向上しています。
機体開発は極秘裏に進められた為、試作機の開発状況や実戦投入については不明となっています。

っていうか、『プラモ狂四郎』でしょ。

画像

画像



画像

可動箇所は、首、肩、肘、手首、足。

本体は腰も可動しますが、腰の増加装甲を胸の増加装甲で包み込んでいるため、回らなくなっています。

肩関節は、上下前後へ大きく動かせます。


画像

『ダブル・ビーム・ガン』は主武装である2門のビーム砲。


画像

シールドは、見た目は普通のガンダムのシールドですが、

画像

裏には機雷投下ユニットと、ビーム・サーベルを装着しています。


画像

バックパックには『ショルダー・キャノン』。


画像

BB戦士オリジナルで、頭部追加装甲のヘッドギアが付属します。


画像

バックパックのプロペラントタンクは、

画像

取り外しが可能となっています。


画像

少々目付きが悪く見えます。



●RX-78ガンダム
画像

パーフェクトガンダムの中の人、『RX-78ガンダム』です。

追加装甲を取り外す他、足パーツを丸ごと取り替えます。

画像

画像



画像

装甲が外れて腰が回るようになった他、交換した足パーツのつま先部分が可動します。


画像

武器は『ビーム・サーベル』。



●Gキャリアー
画像

BB戦士オリジナル支援メカ『Gキャリアー(ガンキャリアー)』。

Gキャリアーには、ガンダムの状態、パーフェクトガンダムの状態の時に余ったパーツを装着することができます。

画像

画像



画像

これはパーフェクトガンダム時に、余ったガンダムのパーツを取り付けた『ガンダムVer.』。

画像

画像



画像

こちらは、ガンダムの時に余る、パーフェクトガンダムのパーツを取り付けた『パーフェクトVer.』。

パーフェクトガンダムの増加装甲のお陰で、かなりのボリュームとなっています。

画像

画像



画像




以上、パーフェクトガンダムでした。
トリコロールという、兵器としてはありえないカラーリングを、更に推し進めたパーフェクトガンダム。

さすがプラモ狂四郎です。

中のガンダムはBB戦士 No.200のガンダムとは別造型のガンダムとなっています。
赤い腰パーツの下側には、通常は見えない位置ながらもバーニア状のモールドが入っており、当時はGアーマーも視野に入れていたんでしょうかね。

塗り分けは、まあまあ多いレベル。
ショルダー・キャノンの色は昔は黒かったのに、箱絵も写真も白になっています。

GキャリアーはBB戦士らしいアイテム。
ホントはもっと細かい色分けがあるのですが、そこら辺はパス。

パーフェクトVer.のボリューム満点なところは好きですね。



web拍手を送る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

銀の牙
2009年04月02日 21:14
前に紹介したガンダムと比べると、こちらのパーフェクトガンダムの素体であるガンダムの方が好きです。追加で付いているヘッドギアとガンキャリアーもいい感じです。
そういえば、昔に発売された100分の1のパーフェクトガンダムの素体のガンダムもバランスが良かったですよね。
2009年04月03日 21:58
>銀の牙さん

中のガンダムが良く動くんですよね。
なんか、この手のって、中のものほど良く動く気がします。
2009年04月03日 21:59
>ジャッキー・カンさん

次は緑のあれです。
VasilkoVot
2017年10月12日 10:39

浯 鶯�

この記事へのトラックバック