LBX オーディーン

雄々しき翼



画像

プラチナカプセルに残された山野博士の設計図をもとに作られた、山野バンの新たなLBX。
コアスケルトン「VX-13」とともに、タイニーオービット社によって製造されました。
アーマーフレームのタイプはナイトフレーム。

画像

画像




画像

キットには専用のスタンド付属。

本体の可動箇所は首、肩、腕、肘、手首、腰、サイドアーマー、脚の付け根、膝、足首、つま先。

膝裏にバーニアがあるため、膝があまり曲がりません。


画像

背面の翼は紫の機首パーツが本体に接続され、そこに白い翼が付く構造となっています。

背中側が重いので、少々後ろに倒れやすいです。



画像

基本装備は両端にビーム状の刃を持つ槍、リタリエイター。

画像




画像

オーディーンはLBXで唯一、飛行形態への変形機構を有する機体。
飛行形態ではリニアモーターカーと同じ程度の超高速飛行が可能となります。

画像

画像




画像

変形の際は、腕を飛行形態用のものに取り換えます。

通常形態の腕は、スタンドに取り付けておくことができます。

画像

逆に、飛行形態の腕を取り付けることも可能。



画像




以上、オーディーンでした。

今回は本体の紫部分を塗装してみました。

ただ、キットの塗り分け箇所はとても多いです。

腰アーマーの黒・黄と、特に背中の翼!!
元の成型色が黒ってなんですか!?

付属のシールは、目の部分のみ切り抜いて使用。
肩や膝裏などのバーニア内部と、リタリエイターのつか裏にはメタリックテープを貼っています。

仕上げはトップコートの半光沢。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ジェノザウラーM(ヘリック共和国仕様)
2019年04月28日 03:58
自分、このLBXはオリジナルを含めて7体持ってます(1体目はオリジナルの紫、2体目は紫の所をメタグリーン、3体目はメタブルー、4体目はメタレッド、5体目はメタリックイエロー(レッドゴールドにクリアーイエローを吹き付けた二重塗装)、6、7体目はそれぞれオーディーンとオーディーンMの部品を交換し、6体目はダークブラック(オーディーンMの物と交換)、7体目はホワイト(オーディーンの物と交換し、唯一非塗装)。)。
武器もリタリエイターから、専用のカラーにした剣を、飛び道具も専用カラーに塗装した物をそれぞれ装備させています
(メタブルーは青にしたフォースセイバー、メタグリーンは緑にした斬馬刀、メタレッドは赤にしたヘビィソード、メタリックイエローは黄色にした破岩刃、ダークブラックは黒にしたデュエルレイピア、ホワイトは白にしたバルキリーレイピアをそれぞれ二刀流で装備させています(これ以外にもあります。)。
飛び道具も、専用カラーの物に塗装していて、メタレッドの物はプロト・Iのアドバンスドライフルを、ホワイトの物はデクーカスタム監視型のAMBライフル、メタグリーンの物はドットフェイサーのドットガトリングガン等を装備させています。)。

この記事へのトラックバック